何よコレ! 女子が、彼氏の贅沢な買い物にドン引きした瞬間4つ

写真拡大

ほしい物は人それぞれですよね。自分にもわかる買い物ならともかく、説明されても理解できないことに入れ込んでいる人もいます。あなたは、価値がわからなかった、恋人の贅沢な買い物にドン引きしたことはありますか? 働く女性のみなさんに聞きました!

■アニメや漫画関係の高額商品

・「アニメのキャラクターのプレミアフィギュアを買いそろえてコレクションしていたこと」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「某カードゲーム。カードを大人買いしていて、私はわからないのでまったく価値がわからなかった」(31歳/不動産/専門職)

・「プラモデルに数十万円」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

お小遣い程度ならともかく、数十万円もの金額を投資していると驚きますね。

■乗り物に関する桁ちがいの出費

・「自動車のコーティングに20万円もかけていてビックリした」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「車のホイールに50万円かけていた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「10万円をこすロードバイクを購入したこと。それほど自転車旅に興味がなかったので、自分なら元が取れなさそうだと思った」(31歳/小売店/事務系専門職)

同じような物が安価であるのに、なぜわざわざ高い物にこだわるのか不思議なものです。

■自分なら買わない高い服

・「ミリタリーのジャケットに8万円くらい出していたとき。正直価値がわからない」(33歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「走りもしないのにブランドのスポーツウェアを買ったこと」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ビンテージのパンツに何十万円も使っていたこと」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分から見ても素敵な物であれば高くても一緒に喜べそうですが、微妙だと困りますよね。

■お酒代が高すぎる!

・「一晩で酒に何万円も使う」(32歳/生保・損保/販売職・サービス系)

飲食物の値段に無頓着な人はいますよね。将来が心配になるかも。

価値がわからなかった、恋人の贅沢な買い物にドン引きしたエピソードをご紹介しました。いかがですか? わかるものならともかく、理解できないものにつぎ込まれると不安になりますよね。同棲、結婚を考えているなら、一度お金の価値観や使い方についてパートナーと話し合っておきたいものです。みなさんは、恋人の理解できない出費に引いた経験がありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数171件(22歳〜34歳の働く女性)