織田信成氏が「Mステ」でaikoの「瞳」を応援ソングとして紹介した直後に号泣

写真拡大

3日放送の「ミュージックステーション3時間SP」(テレビ朝日系)で織田信成氏が号泣する場面があった。

番組では、卒業・入学シーズンにちなんで「有名人が選んだ春の応援ソング」と題して、ゲストの楽曲披露の他にVTRで有名人が選んだ応援ソングを紹介した。

そのVTRで織田氏は、aikoが歌う「瞳」は、aikoが出産を控えた知人へ贈った応援ソングで、自身にも子供がいることから印象に残っていると話した。

また現役時代には試合前に聴いていたそうで、「試合の時、歌詞を思い出して『応援してくれる人がいるから大丈夫』と、試合に臨んでいたからすごく応援してもらった曲かなと思います」と明かした。

その後、aikoが歌う「瞳」がVTRで流れると、ワイプに映っていた織田氏は「やばい…」とつぶやき突然号泣する。そのあまりの涙腺のもろさにスタジオは騒然となった。

曲が終わり、再び織田氏のVTRに切り替わると、涙でぐしょぐしょになった姿が映り、「この曲、ホントにダメなんです。すみません…」と釈明していた。

【関連記事】
フィギュアスケート振付師の宮本賢二氏が織田信成の隠れた一面を暴露「返事しない」
織田信成、番組クイズで鈴木拓の妻について「クズの嫁」とキツイ回答
スケート連盟理事、羽生の激突による審判心理を指摘「『オマケしちゃおうかな』と思った方も」