藤本麻子、前半乱調でスコアを崩したが、何とか首位をキープ!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 3日目◇4日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,548ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』の3日目。全選手が前半を終了。2位に6打つけ独走状態で決勝ラウンドに入った藤本麻子だったが、この日は(ノーバーディ)2ボギー・1ダブルボギーと乱調、前半だけで4つ落としトータル5アンダーとしてしまった。しかし、大きなアドバンテージに守られ、何とか首位をキープしている。

 2打差のトータル3アンダー2位タイには全美貞(ジョン・ミジョン)(韓国)と豊永志帆の2人が並ぶ。続くトータル2アンダー4位タイにはイ・ボミ(韓国)と前田陽子の2人。さらにアン・ソンジュ(韓国)、笠りつ子、三塚優子の3人がトータル1アンダーで6位タイとしている。
 その他ではアマチュアの勝みなみがトータル1オーバーで12位タイ。上田桃子はトータル2オーバー17位タイ。香妻琴乃と藤田光里はトータル7オーバー42位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>