田中みな実アナウンサー

写真拡大

3日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、田中みな実アナウンサーがニューヨークで生まれたことが明かされた。

番組では、田中アナの生まれ故郷であるアメリカ・ニューヨークを舞台に、田中アナが生まれた病院や当時の住まいなど、自身のルーツを辿り、家族の愛情を再確認することとなった。

スタジオでは、アメリカ生まれという田中アナが、自身の本名を「田中・エイミーみな実」と、ミドルネームがあることを明かした。司会の今田耕司は「超エイミーやわー」と、ミドルネームが似合っていることを指摘した。

田中アナはアメリカ生まれであるだけでなく、アメリカでの生活も体験している。小学校の6年間はイギリス・ロンドンとアメリカ・サンフランシスコで暮らし、中学受験に合わせて来日したそうだ。

さらに田中アナは英語もペラペラで、番組ではニューヨークのチョコレートの名店を巡り、巧みに英語を交えてオススメのチョコやスイーツを満喫した。

やがて、田中アナは自身のルーツを辿り、両親が住んでいたアパートを訪れ、当時、ウォール街の職場へと通勤していた父親に想いを馳せた。

また、田中アナは、雪の積もるニューヨークで、自身が生まれた病院にも訪れることができた。ここで、父親からの手紙をスタッフから手渡されると、田中アナは目に涙を浮かべた。実は、田中アナの母親の出産には、流産の可能性もあったと明かされたのだ。

田中アナは故郷のニューヨークで、両親の愛情をあらためて実感することとなった。スタジオでは、MCの瀧本美織が、田中アナの父親からの手紙を「今回のプログラムは、みな実にとってだけではなく、我々家族にとってのアナザースカイでもありました」と、読み上げると、その暖かさに今田が「わあ、良いお父さん!」と声を上げ、拍手が起こった。

【関連記事】
水卜麻美アナと田中みな実アナが初共演するも出演者からぎこちなさを再三ネタにされる
田中みな実アナ、水卜麻美アナとの面会を拒否「何を話していいか分からない」
江藤愛アナが田中みな実アナとともに若者にナンパされたことを明かす