<シェル・ヒューストン・オープン 2日目◇3日◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン>
 米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」2日目。マスターズ前の最後の大会で“優勝での滑り込み出場権”獲得へ向けて戦っていた石川遼は、この日3バーディ・2ボギーの“71”でラウンドし、トータル2アンダーで大会日目を終えた。ホールアウト時点でのカットラインは3アンダーで、予選落ちは濃厚となっている。
 トータル1アンダーで迎えた後半。10番、12番でバーディを奪い、一時は3アンダーまでスコアを伸ばすが、16番パー3で痛恨のボギーを叩き、予選通過圏外へ転落してしまった。
 現在、暫定ながら首位は11アンダーのフィル・ミケルソン(米国)。1打差・2位タイには、グラハム・デラート(カナダ)、ルーク・ガスリー(米国)。2打差・4位タイにはショーン・ステファニー(米国)ら3人がひしめいている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>