キミを守りたい

写真拡大

IT社会の情報セキュリティなどに関わる事業を展開する独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)は、「パスワードの大切さ」をテーマとした少女漫画風のポスターを2015年4月3日から1週間、東京都内で行われるイベントに出展して不正ログインの防止を訴える。

パスワードの管理意識が低い10代に向けて

男子生徒が女子生徒の顔に触れ、2人の顔が接近する。一見すると青春漫画のドキッとするワンシーンのようだが、吹き出しには「お前にそんな単純なパスワードは似合わないよ」の文字。ネットサービスの不正ログインを防ぐ取り組みの一環として作成された、シュールなポスターだ。

IPAが2月に公開した「2014年度情報セキュリティに対する意識調査報告書」によると、不正ログイン防止に向けてのパスワードに対する10代の人の意識は、ほかの世代に比べて極端に低い傾向にある。

10代を中心とした若い世代が多数訪れるJR山手線の原宿駅を舞台とした文化展「原宿ファッションジョイボード文化展」にポスターを展示することで、若い世代にパスワードの大切さを訴える。

ポスターは高校生の男女による15シーンの恋愛ストーリー漫画風に構成されており、それぞれに「長く」「複雑に」「使いまわさない」といったパスワード強化を強調するメッセージが含まれている。

また7日から20日の間、同駅前の原宿竹下通りにも同イラストを用いた横断幕や垂れ幕を掲出する予定。