もうじき梱包材がバッテリーの材料になる

写真拡大

米パデュー大学の研究者チームによる「コストのほとんどかからないある材料の利用法」の完成は、もう間近だ。発見のきっかけこそ偶然だったが、エネルギー効率に優れた持続時間の長いバッテリーをつくり出せる可能性がある。

米パデュー大学の研究者チームが目を付けた物質とは、壊れやすい物を衝撃から守るために包装に大量に詰め込まれている「ポリスチレン」のことだ。

「もうじき梱包材がバッテリーの材料になる」の写真・リンク付きの記事はこちら

研究チームは、非常に高い温度(500〜900度)まで熱することで、このポリスチレン製の梱包材が非常に薄い炭素の層になることに気付いた

できあがった薄板を充電バッテリーの陽極として利用することで、パデュー大学の研究者たちは、グラファイトを用いる従来のバッテリーよりも速く充電できる製品をつくり出した。

製造プロセスはまだ洗練させる必要があって、いまのところ、この方法で得られるバッテリーはなんとか300回の充電に耐えられるにすぎない。立派な結果だが、本格的な利用にはまだ不向きだ。

しかし、この研究が成功をおさめたなら。ぼくらは効率的なバッテリーを安価で得られる一方で、環境面に対して負荷の大きなポリスチレンを、潜在的な資源に変えることができるのだ。

TAG

BatteryElectricEnergyWIRED IT