『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA/メディアファクトリー)

写真拡大

 Googleで「オーガズム」とニュース検索をかけると、ヒットする90%以上の記事が、

「男性を虜にする『イク女性』の秘密」
「セックスで『他の男には絶対に渡したくない』と言わせるイク女性の特徴」
「エッチでオーラ美人になる秘密4つ」

 などなど、女性のそれである。

 不思議なことに、男性のオーガズムについて書かれたニュースはほんの数%。まあただ射精をするだけの話である、それだけ世間の関心がないということなのだろうか。......と、思うのは早計。男にも、射精以外のオーガズムがあるのだ。

 そんな説をBL、そしてアダルトビデオという相容れないと思われる2ジャンルから熱く掘り下げたのが『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA/メディアファクトリー)である。

 著者は、「美しい女性による痴女モノ」の第一人者であるアダルトビデオ監督の二村ヒトシ氏、やおい・BL・同人誌研究家であり社会学研究者の金田淳子氏、「アダルトグッズ評論家」の異名も持つ編集者・文筆家の岡田育氏の3人。AV監督の二村氏と、腐女子の金田氏&岡田氏が掲げる本書のテーマは、〈男のカラダだって、もっと褒められて、愛でられて、ありのままでキモチよくなっていいんだよ〉だそうだ。

 今まで「チンコこすって勃つ」程度だった男のカラダが、3人によるとたちまちいやらしく、神秘をまといだす。
 
 まず、「男の気持ちいいカラダ」の一部として持ち出されるのが「やおい穴」だ。いわゆるBLに登場するアナル、「穴」なのだが、金田氏によるとこの穴、〈「耽美」とか「やおい」とか呼ばれていた頃の〉70年代の漫画にはなかったのだという。その時代をズバリ、〈穴不在の時代〉と評する。

〈セックスシーンは、股間と股間をこすりつけているだけに見える描写ばかり〉〈何かが何かに入っている気がしない。チンチンすらも描かれていない〉

 その後、80年代初めに〈「穴の発見」の時代〉に突入。当時、この「穴」を広めたのが小説家の栗本薫氏であるといい、彼女の〈有名な古典的BLで明らかに「穴」がある描写をしている〉という。ただし、その「穴」は〈毎回、血が出る〉そうで、現在のどこからともなく溢れる潤滑液のようなものが描かれる「穴」とは違っていたようだ。とにかく栗本氏が書いたことで、〈みんな「穴」に気付いたり、「穴を描いていいんだ!」〉となったのだそう。

 そして、90年代後半にはついに、〈「やおい穴=アナルでは?」と感じさせる描写が増え〉はじめ、その「穴」表現が全盛をきわめていく。

 ただ、いくら「イコール、アナル」だとしても、〈洗わなくても清潔で、セックスに適した穴のように描かれる〉〈うんこは出ないし、穴は初回でも10〜30分ぐらいで拡張できる。受けは挿入されるとすぐに気持ちよくなってアンアン言う。やや性急に挿入しても血が出ない〉というから、やはり現実のアナルとは程遠い。

 さらに、「穴」が気持ち良いときの擬音語を岡田氏が解説するのだが、〈「くぱぁっ」と開けば恥じらって、「つぷっ」と咥え込んだら「きゅんきゅんっ」と締まって、というのが名器〉とするなど、男性向けエロ漫画におけるマンコ描写と完全に一致する。

 だが、本書によると、この「やおい穴」はBLというファンタジーの世界観にとどまるものではないらしい。リアルな男性同士はもちろん、女性とのセックスでも大きな役割を果たすことになるのではないか、というのだ。AV監督のなかでも、特にリアルに男がヒイヒイ言う姿を撮っている二村氏は、男たちとアナルの関係についてこう言う。

〈男は、自分の体が性の対象になることに全く慣れていない。そして男にとってペニスであれば安心して能動的に快楽を抱けるんだけど、アナルはそうじゃない〉
〈(アナルは)自分でコントロールすることができない、受動的な快楽に身を任せることになってしまう〉

 そういったことを嫌がって出演を拒む男優もいるというが、それは、〈カメラ前で『ヒクヒクヒク、イッちゃうー』みたいな姿を晒すわけにはいかない〉〈男の沽券にかかわる。プライドが傷つく〉からだという。

 そんな男たちに、金田氏が〈普段、女のそれを見たがっておいて?〉と斬り込んでいるが、そう、女はヒイヒイ恥ずかしい姿を晒してもいいが、男は勘弁!というのが、現在のごく一般的なセックスなのである。

 その常識を打ち破るのが、前立腺の存在だという。二村氏いわく前立腺とは、〈陰茎海綿体の根っこの、膀胱側のすぐ横〉にあるといい、〈まだ医学会でも謎の多い器官〉で、〈女性のスキーン腺〉、いわゆる〈Gスポットに対応しているのではないかという話も〉あるらしい。そして、二村氏によると、前立腺を刺激することで、今までにない快楽が男の身体を襲う。

〈指や器具、ペニスを肛門から挿入し、物理的に前立腺に触って刺激して、強制的に活動を促すわけです。すると刺激の信号が逆襲し、ペニスには触れていないのに勃起し前立腺液を垂れ流し、逆流した快感は脳まで届きます。そのとき全身に鳥肌が立ち、乳首・耳たぶ・太ももの内側などの性感帯が敏感になるという男性もいますね〉

 それはすなわち、女性の「膣の中でイクこと」に当たる現象だという。〈ほとんどの男性は、まさか「自分たちも中イキできるんだ」とは知らず、女性で言うクリトリス・オーガズムだけしか知らずに生きている〉と、二村氏は言う。

 さらに本書では、前立腺のエネマグラによる開発方法にまで話が及んでいる。その際には、従来のエネマグラはアメリカ製のため〈初心者が使うには相当でかい〉といい、二村氏が日本人向けに〈「処女の男性」でも抵抗なく入れることができる〉という、〈小指ほどのサイズの初心者バージョン〉を開発、その名も「プロステート・ギア」だというから、興味のある読者諸兄はググってみることをお薦めする。

〈今までに経験したことのない快感が繰り返し繰り返し訪れて、男の体はパニックを起こす〉(二村氏)とまで言わしめる、射精以外のオーガズム。

 二村氏は言う。その昔、フェラチオが〈ゲイの男性かプロの女性による変態行為の一種とみなされて〉いたが、〈AVの登場によって80年代に入ってから一般社会に加速度的に広まった〉。同様に、〈「男の乳首が性感帯であり、女性が男性の乳首を愛撫してもよい」と周知されたのは、ここ15年ほど〉。

 つまり、アナルと前立腺刺激によるオーガズムも同様の軌跡をたどる可能性があるということだ。〈カメラの前でよがり狂うことが許されない(中略)セックスの固定概念に縛られた自分を含めた男性一般〉が、こうした刺激を受けることで意識が変わり、男のセックスのありようが変わっていくということだろう。

 もしかしたら、数年後には「彼女の前でアナルをヒクヒクさせる彼氏」という絵面が当たり前になっているかもしれない。
(羽屋川ふみ)