茂木健一郎氏

写真拡大

3日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、脳科学者の茂木健一郎氏が肥満の原因になるという「デブ菌」について取材した。

番組では、食べないのに太るのは細菌「デブ菌」が原因では? という話題に注目した。そこで今回、茂木氏が理化学研究所(理研)を取材しデブ菌の謎に迫った。

VTRで茂木氏は、理研の特別研究員・辨野義己(べんの よしみ)氏に話を聞いた。辨野氏によるとデブ菌は「消化されたものを溜め込んでしまう菌」だと説明した。

人間は食物の80%を小腸で吸収し、吸収されなかったものが、大腸を通り排泄されという。しかし、腸内にデブ菌がいると、通常は排出すべきものを体内に溜め込んでしまうのだとか。

辨野は、デブ菌は親子間といった遺伝的支配のもと感染する菌で、夫婦間などの遺伝的支配を受けない場合は感染しないのだと解説した。

ここで、スタジオの茂木氏が「えりさん(渡辺えり)の菌を小林さん(小林麻耶)に移植しても、菌は定着しません!」と渡辺イジりを披露するが、司会の坂上忍が茂木氏に「あんた何を言ってるんだよ!?」とツッコミを入れて笑いを誘った。

さらにデブ菌は減らすことが可能な菌とのことで、この後、辨野氏がスタジオに登場し、自らのデブ菌を減らして、86キロから72キロまで体重を減らした実績を写真で説明し、出演者を驚かせた。

辨野氏によると、それまで敬遠していた野菜とヨーグルトで、腸内環境が整ったという。また、納豆もデブ菌を減らす効果があるのだそうだ。

【関連記事】
脳科学者の中野信子氏が“脳科学的に意中の相手を口説く”テクニックを解説
茂木健一郎氏が小4なりすまし大学生を擁護「日本にはこのような“やらかす”若者が必要」
日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」で要注意な「糖尿病患者に現れる4つのシグナル」を紹介