【男性編】金銭感覚のちがいから恋人とケンカした体験「財布から勝手にカードを使われて、大ゲンカ」

写真拡大

お金はトラブルのもとになりやすいですよね。たとえ恋人同士でも価値観が合わないこともあります。さて、金銭感覚やお金のトラブルが原因で、恋人とケンカしたエピソードはありますか? 今回は男性のみなさんに聞いてみました。

■高い食事代でケンカに

・「デートのときに、いつも高級レストランに行こうと言ってくるのでもめた」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「食事代でもめた」(27歳/情報・IT/営業職)

・「せっかく買ったご飯を食べなかったのを指摘したらケンカになった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

デートでは、食事代の価値観が重要になってきますよね。男性が多めに食事代を支払うこともあり、好意と金額が釣り合わなかったときにはケンカになるかもしれません。

■彼女のこだわり出費にゲンナリ!?

・「旅行でそこまでいい部屋を求めてないのに、やたら高い部屋にしたがる」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「高いエステに行ったときケンカした」(24歳/その他/その他)

・「ホストにつぎ込んでた」(25歳/その他/その他)

こだわるポイントには男女差がありますが、理解できないところにこだわるとトラブルの原因になるようですね。

■お金の使いすぎを注意した結果は?

・「使い過ぎるくせがある彼女と何回かケンカになることがあった」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「服の買い過ぎを注意したらケンカになった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すぐカフェに行ってお茶するので、少しはセーブしたらと言ったら、これが楽しみなんだからと言って激怒された」(32歳/電機/技術職)

女性のお金の使い方が理解できないということを指摘して、ケンカになったという男性も。お金のかけどころの価値観がちがうと難しいところです。

■借金問題が勃発

・「ギャンブルで金欠だからたまに貸していた」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「机に置いてあった財布から勝手にカードを使われて、大ゲンカした」(26歳/農林・水産/技術職)

・「貸したお金をなかなか返してくれなかった」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

いくら恋人同士だからといって、お金にルーズだったり、勝手に使うのはさすがによくないですね。

金銭感覚やお金のトラブルが原因で、恋人とケンカしたエピソードをご紹介しました。いかがですか? 男性と女性とではお金をかけるポイントにちがいがあるようですね。一致まではしなくても、相手の意見も聞いてみる必要はありそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳〜39歳の社会人男性)