3月26日木曜日、マレーシアGPを前にしたマクラーレン・ホンダのピットガレージ裏に「HONDA R&D(本田技術研究所)」と差出人の名が書かれた巨大な輸送ボックスが置かれていた。栃木県さくら市の研究所からセパン・サーキットへと運び込まれてきたホンダのパワーユニットだった。

 開幕戦オーストラリアGPでジェンソン・バトンが完走こそしたものの(11位)、もう1台は決勝スタート前に壊れ、エンジン本体、ターボなどの交換が必要になった。年間4基しか許されていない各コンポーネントのうち、2戦目にして2基目を投入することになってしまったのだ。

 ただし、この2基目のコンポーネントには新たな開発が施されていた。

 シーズン中の開発は禁止されているが、開発トークンを使用した一定の開発以外に、信頼性・安全性向上のための開発は、FIAが許可すれば可能となっている。また、パワーユニットを構成する基本コンポーネント以外の補器類なども開発が可能だ。

 ホンダはオーストラリアGPの後、信頼性向上のためのいくつかの改良案をFIAに申請し、マレーシアGPに持ち込んだ。なかには開幕戦で壊れたターボとMGU−H※のレイアウト変更まで含めたアグレッシブな案もあったというが、さすがにこれはFIA側に却下されたという。どの案が許可されても対応可能なように、マレーシアには複数の仕様のパワーユニットが持ち込まれ、木曜にようやく最終決定が下されることになった。
※MGU-H =Motor Generator Unit - Heat/排気ガスから熱エネルギーを回生する装置

「トラブル原因は油圧系だったんですが、結果的にICE(内燃機関エンジン)にもダメージがありました。何がダメなのかということは分かったので、その対策は施してきました。同じ問題はもう起きないと思います」(新井康久ホンダF1総責任者)

 開幕戦のメルボルンでは熱害に苦しんだホンダだったが、その対策のためのデータがほとんどなく、どうすることもできなかった。結局、1周でも多く走り、データ収集を優先することになったのだった。

「あまりにも(想定値と)かけ離れてしまった。本来なら、いろんなことをいじって対応するわけですが、確認の取れていない変更を施すわけにはいかず、相当コンサバティブなセッティングで走らせるほかなかった。マレーシアはさらに暑くなりますが、メルボルンのデータ分析を元にしたセッティングを持ってきていますし、車体側もマクラーレン側と話し合いながら、見た目では分からない修正をしてきています」

 2月のクラッシュ以来の復帰となるフェルナンド・アロンソもサーキットに姿を見せ、FIAのメディカルチェックを受けてゴーサインを得た。アロンソは早速チームのエンジニアたちとサーキットを1周歩き、新井もその輪に加わった。

「いろいろな四方山話(よもやまばなし)をしました。車体側のエンジニアとの話やタイヤの話などもありますし、どうレースを戦うかについてのほか、セットアップの好みなどを、彼は半分独り言のような感じでずっと話していた。このコーナーでシフトダウンはこういうふうにしたいとかね。質問もあれば(ホンダへの)激励もありという感じですね」

 金曜のフリー走行は順調に進んだ。新たなフロントウイングなどさまざまな空力パーツを交換しながらデータ収集を進め、空力・メカニカルの両面でセットアップも大幅に進んだ。約1カ月ぶりのコクピットに収まったアロンソも、1日で計45周という内容に爽やかな笑顔を見せた。

「数周走るごとにトラブルが出てマシンのどこかをいじらなきゃならなかった冬のテストとは違って、今日はノートラブルで45周も走ることができた。マシンの前進を確認することもできたし、とても楽しい1日だったよ」

 マクラーレン・ホンダとしては、予選でQ2進出を果たすことも可能かもしれないと予想していた。しかし、セクター1を自己ベストタイムで通過したアロンソの最終アタックはセクター2で失速。17位に終わった。ジェンソン・バトンもタイムをまとめられず18位に沈んだ。

 予選では、1周のアタックにパワーユニットのポテンシャルを100%引出さなければならない。まだERS(エネルギー回生システム)の使い方を含めて熟成が足りないホンダの苦しさが露わになったといえる。マクラーレンの今井弘スペシャルプロジェクツ上級エンジニアも「パワーユニットだけではなく、マシン全体のコントロールも含めてですが、予選に関してはまだいろいろと工夫の余地があります」と認めている。

 しかし、決勝レースでマクラーレン・ホンダは見違えるような速さを見せた。アロンソはフォースインディアと激しいバトルを繰り広げ、徐々に順位を上げていく。バトンは「トラフィックに引っかかっている状態で、タイヤを傷めてしまった」(今井エンジニア)と言うが、それは裏を返せば周囲よりも速く走る力があったということでもある。

 だが、激しいバトルがアロンソのマシンに予想外の負荷をかけることになった。ERSの冷却が十分にできなくなり、トラブルを未然に防ぐためにチームは21周でピットへと呼び戻しリタイアさせた。

「今日は良いレースができているなと思っていたんですが......。あれだけバトルをやっていると相手と駆け引きをしているわけですから、加減速を激しく繰り返して、単独で走っている時とは違うマシンの使い方になります。その中で何かが起きたんじゃないかと。今さらかと言われるかもしれないですが、今の我々はそれだけ経験不足だったわけです。そういう中で学んだことはあったし、バトルができるようになったのは収穫です」(新井総責任者)

 バトン車も41周目にスローダウンし、ピットに戻ってリタイア。こちらはターボのトラブルだった。バトン車にもアロンソ車と同じ仕様の2基目のコンポーネントが搭載されていたが、結局のところ2台ともトラブルを抱え込むことになってしまった。

 しかし、レース後のアロンソに悲観的な様子はなかった。むしろポジティブに前だけを見ているという表情をしていた。

「冬の間に走り込むことができなかったわけだから、この手の信頼性の問題は仕方がないと思うよ。本来テストの間に問題の箇所を見つけていくものだけど、僕らはそれをシーズン序盤の数戦で見つけていっている状態だ。でも、今週末はオーストラリアからここまでの間に進歩していることが確認できたし、この進歩の度合いを維持していければ、すぐにいいレースができるようになるはずだ」

 また、アロンソは開幕戦と比べて1.6秒もトップとの差を縮めたことに言及し、「この調子で進歩していけば、数戦後にはポールポジションが獲れるね!」とジョークを飛ばす余裕さえ見せた。

 新井は、次の中国GPでのリベンジに燃えている。

「何が足りていないのかは、自分たちがいちばんよく分かっています。だからパニックになることはないし、ガッカリするわけでもない。やるべきことは分かっている。ただ、1レースでリカバーできる状況ではないのも事実です。しかし、2週間あればやれることはたくさんありますから、次の中国GPまでにいろいろと投入していこうと思っています」

 ほかのチームとバトルを演じるまでになったのだから、たしかに進歩といえる。しかし、誰もこの程度で満足などしていない。彼らのアグレッシブな戦いは、まだ始まったばかりだ。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki