自動車輸出販売のアップルインターナショナル<2788>は21日、04年12月期連結決算で、純利益が前回予想を6億7400万円下回る、前期比77.1%減の1億4600万円になったもようだと発表した。下期から始めた中国での新車販売が伸び悩んだことに加え、企業の合併・買収に伴う償却2億1000万円や為替差損1億3000万円などの費用増が響いた。

 中国事業での販売未達で、売上高は同予想を33億円下回る281億円。前期比では1.5倍になった。経常利益は同予想を10億円下回る同比54.7%減の4億9700万円になったもよう。【了】