グーグルは、ロボットの性格をユーザーが自由に組み替えられ、クラウドにアップできる特許を取得した。生前の親族や著名人など、実際の人間の個性をロボットに載せることも考えられている。

「死者も蘇らせるGoogleの「ロボットのクラウド性格カスタマイズ」特許」の写真・リンク付きの記事はこちら

従順でお世辞のうまいロボットと、おしゃべりで少しばかり図々しいロボット。あなたは、どちらが好みだろうか。グーグルが3月31日付けで取得した米国特許によると、どちらの性格でも好みに合わせて購入できそうだ。

それだけではない。ロボットのさまざまな性格を、クラウドからダウンロードできるようになるかもしれない。あるいは自分で決めずとも、自動的にふさわしい性格のロボットが提供される可能性もある。あなたの人となりを学習し、その情報に基づいて、あなたに合わせた性格を構成するのだ。さらには、音声と顔の認識機能を使い、人間に合わせたやり取りができるようになる可能性だってある。

特許明細書には、次のように書かれている。

「ロボットの性格は、ベースとなる性格構造(デフォルトのペルソナ)の範囲内で、一時的な状態や気分を実現できるよう変更できてもよい。たとえば、幸せ、恐れ、驚き、困惑(例えばウッディ・アレンのロボット)、内省、嘲笑(1960〜80年代に活躍したコメディアン、ロドニー・デンジャーフィールドのロボット)といったものだ」

現実世界の人間(特許明細には、亡くなった愛する人や有名人が挙げられている)の性格をロボットにプログラミングし、事実上、死後もその人をロボットのかたちで生き続けさせられるかもしれないのだ。

TAG

AIFuture of DeathGooglePatentRobotWIRED UK
meka

グーグルが買収したMeka社(日本語版記事)によるアンドロイド

亡くなった人のクローンとなった気味の悪いロボットから、きわめて有用なロボットまで(それらがセキュリティで保護されているのは当然だ)、ロボットたちは、クラウドを介してほかのロボットと情報を共有する。これにより、「ある種のテレポーテーション機能」が実現するかもしれない。

例えば、地球の裏側まで旅行したと考えてみよう。ホテルの部屋の執事ロボットは、自宅のロボットから、あなたに関するすべての知識を提供されており、あなたの好みに合わせてサーヴィスを提供してくれるというわけだ。

一緒にビールを飲みたい性格のロボットは?とUK版『WIRED』スタッフの間で調査をしてみたところ、挙がってきたのは以下のようなロボットたちだった。

古典的SF『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場するパラノイド・アンドロイドのマーヴィン「かわいい」と支持された『スターウォーズの』R2D2「やる気をもらえる」と支持された映画『ウォーリー』のウォーリー1950年につくられた初のヒト型ロボット、ジョージ1956年制作の米国映画『禁断の惑星』に登場するロビー・ザ・ロボット実写映画版『トランスフォーマー』に登場するオプティマス・プライム

邪悪なメガトロン(『トランスフォーマー』の「破壊大帝」)や、映画『Ex Machina』(日本語版記事)に登場する、美しいが道徳心のないアヴァは避けたい。また、C-3POも気が進まない。なぜなら彼は、どうも「口やかましすぎる」からだ。

TAG

AIFuture of DeathGooglePatentRobotWIRED UK