大記録挑戦に注目が集まるリディア・コ(撮影:福田文平)

写真拡大

<ANAインスピレーション 初日◇2日◇ミッションヒルズカントリークラブ(6,769ヤード・パー72)>
リディア・コ、初日のホールバイホール
 今週、リディア・コ(ニュージーランド)が史上最年少のメジャーチャンピオンになるかどうか注目を浴びている。しかし、別の記録挑戦にも一歩近づいており、それがゴルフ業界では話題となっていた。
 8番ティ、つまりこの日のコにとって17番目のホールに立ったとき、彼女はイーブンパーだったので、アンダーパーラウンドの記録が“28連続”で終わるのでは、という危機にさらされていた。
 コには弱みがなく、ゲームで強みを出せれば、という気持ちが本人にあったかもしれない。おかしなことが起こっていても、それを完全に払拭(ふっしょく)する能力が17歳にはあるのだ。
 回りの雑音をものともせず、コは158ヤードの8番・パー3を6番アイアンで打ち、70センチほどに寄せバーディーを奪った。9番でしっかりパーを取り、29ラウンド連続アンダーパーの記録を確実なものとして、タフな午前のプレーでアニカ(・ソレンスタム)に並んだ。
 「今日、アップダウンのあるプレーでせわしなかった。いい2パットをしようとしたり、バーディーを取ろうとしたり。なぜならドライバーがあまりうまく打てていなかったし、ここのラフは深いから。いい位置にいると記録のことは考えないの。でも、レキシー(・トンプソン)と私は8番でいいバーディーがとれて、私はアンダーパーになったの」
 朝、ミッションヒルズを吹き抜ける風により、コの連続記録はもう無理かと思われた。コは前半終えて“37”で、後半に入りその時点では風も少し落ち着いていた。コはボギーなしの“34”で後半をまとめたが、1日をベストなゴルフではなかったと振り返る。
 「私の1番、つまりは10番ホールでデヴィッド(・リードベター)がラウンド前にくれたメモをちょっと読んだの。我に返ってもう一つのステップを踏もうと、これが新しい9ホールと自分に言い聞かせた。フロントナインではいくつかのバーディーチャンスがあった。シンプルにしようと心がけたの。でも自分が思ったようにシンプルには行かなかったけど」
 コはアンダーパープレー29ラウンド目となるスコアカードに記録するときでさえ、記録のことは考えなかった。
 「本当に頭になかった。次のラウンドのことをみんな聞くでしょうけど、プレーしているときは考えないの。ちょっとバタバタしていたから記録のことを考えさせなかったのね。結果としてついてきた」
 しかし、ソレンスタムのようなレジェンドと並んだことに対する驚きと彼女に対する憧れに惑わされないように。
 「彼女といつかプレーしたいわ。そうなったら最高。彼女の本を読んだり、ビデオを見て育ったから。彼女は伝説よ。みんなが彼女を尊敬し見習ったの」
 明日、アンダーパーを出せば、みんながコを見習うことになるだろう。
※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>