本田圭佑、武藤嘉紀、乾貴士、永井謙佑、宇佐美貴史、大迫勇也。

 これは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣となったチュニジア戦、ウズベキスタン戦で出場した"サイドアタッカー"の面々である。出場時間が多い順に並べたが、本田の102分間が一番多く、大迫の18分間が一番短かった。

 はたして、新監督が求める左右サイドアタッカーは見つかったのだろうか?

 ハリルホジッチ監督はブラジルW杯でアルジェリア代表を率い、スピード感溢れるカウンター攻撃を武器とした。決勝トーナメントでは、世界王者になったドイツをあと一歩のところまで追い詰めている。ベルギー、韓国、ロシア戦を含めて4試合、指揮官は目まぐるしく戦術を変えたが、カウンター主体の戦いは変わらなかった。

<常に敵ゴールを意識しろ。積極的に裏へ走り、一気に得点を狙え。それが不可能な場合、中央は手数をかけず、サイドから速く崩していく>

 指揮官の哲学は、極めてリアリスティックである。

 その戦術においてキーマンになっていたのが、縦の突破力と得点力が豊富な左右サイドアタッカーたちだった。リーガエスパニョーラのバレンシアで活躍するフェグリを筆頭に、ジャブ、スダニ、ブライミらはいずれも走力が高い。足が速いだけでなく、フィジカル的に強く、技術的にもトップスピードでボールを扱える。

 しかし、日本サッカーではこうしたサイドアタッカーが頭角を現しにくい現状がある。

 主な理由としては、日本人がポゼッションゲーム、パスゲームを好むことが挙げられる。1対1での仕掛けが失敗したとき、糾弾されてしまう教育文化も影響しているのだろう。ボールを回しながら、こっそりと確かめるような縦パスを入れ、何度もサイドを変え、"やり直し"を繰り返す。結果的にサイドアタッカーは動きを制約され、萎縮してしまうのだ。

 サイドで起用されていても、足下にボールを入れてパスコースを探す、トップ下的な性格の選手が多い。

 そこで元代表監督アルベルト・ザッケローニは一計を案じた。ポゼッションを重視する中、「左で創り、右で仕留める」という変則的な攻撃戦術を確立。左サイドの香川真司がトップ下の本田、左サイドバックの長友佑都と絡んでチャンスメイク、右サイドからは岡崎が的確にスペースへ入り、ゴールを仕留める。その戦い方は日本人の特性と合い、アジアではほとんど無敵を誇り、一つの選択肢としては有力になった。

 ところが、世界を相手にしたときには一敗地にまみれた。攻撃に手数をかけすぎ、カウンターの餌食になってしまったのである。

 ザッケローニの後任だったハビエル・アギーレ監督も、この点で苦労した。カウンター、サイドアタック戦術を実行したくても、然るべき人材が乏しい。育成年代もポゼッション主義を貫いてきた弊害と言えよう。メキシコ人監督は苦肉の策としてサイドアタッカーには本田、岡崎を起用したが、戦術的に機能しなかった(岡崎は突破してクロスを上げるタイプではなく、結局はセンターフォワードに戻っている)。

 今回、ハリルホジッチ監督が試したメンバーにも、アルジェリアのフェグリのように"縦に向かってギアを入れ、精度の高いパスを折り返す"、ウィングのようなプレイを得意とする選手はいない。能力は高いが、サイドアタッカーとしては"帯に短し、たすきに長し"といった印象だろう。

 そもそも大迫は本来センターフォワードで、永井もそれに準ずる。乾はドリブルだけを取ってみれば世界水準だが、中に入って突っかけるようなプレイが多く、トップ下の選手がサイドに開いたときの動きに近い。これは本田、宇佐美にも共通していることだが、中央で連係し、ゴール前に入っていくプレイを持ち味としており、縦への鋭い突破や裏へ走る回数が少ないのだ。

「代表選手というのは常に野心旺盛でなければならない。競争力の中でこそ、選手の能力も高まる」

 ウズベキスタン戦後の会見で指揮官は語ったが、サイドアタッカーもこれから熾烈な競争が始まるだろう。

 過去5年、Jリーグで最もサイドアタッカーらしい選手は、FC東京の石川直宏かもしれない。2010年前後、背中に翼が生えたような爆発的瞬発力と猛禽類のように狙い打ちするシュート精度は、間違いなく世界標準だった。先日のナビスコカップ、アルビレックス新潟戦で見せたドリブルシュートでも衰えていない技量を示していた。しかし現在は33歳でケガと格闘する今の石川は、所属クラブで試合出場を重ねるのが先決だろう。

 現実的な候補としては、横浜F・マリノスの齋藤学がいる。仕掛け、崩す、という部分だけでなく、縦に突破して折り返す、というウィング的な仕事のクオリティが高い。中に切り込んでのシュートの形を持つ選手は多いが、齋藤は縦への突破力にも秀でる。今シーズン、所属クラブではFWとしてプレイする機会が多いが、裏に走って決定的仕事ができる点は魅力的だろう。

 ともあれハリルホジッチ政権は発足したばかりである。スカウティングもまだ十分とは言えない。週末からはJリーグが再開するが、次回以降の代表メンバーが注目される。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki