チタンフレームが美しい、電動アシスト・マウンテンバイク

写真拡大

チタン製フレームを採用したProdecoTech社の電動アシスト自転車「Tinanio 29er」。車重はわずか15kgで、トレイル仕様なのも魅力的だ。

「チタンフレームが美しい、電動アシスト・マウンテンバイク」の写真・リンク付きの記事はこちら

ProdecoTech社の「Titanio 29er」は、フレームをチタンでつくった電動アシスト自転車だ(チタン製フレームの自転車はとても高価で、“純粋な”自転車以外ではそうお目にかかれない)。

現在市販されている電動アシスト自転車の大半は、舗装道路を走ることを前提としている。しかし、このTitanio 29erは29インチリムの本格的なトレイル向けの外観で、ヘアライン仕上げのチタン製フレームには、マウンテンバイク用の駆動系とディスクブレーキが取り付けられている。

それもあって、Titanio 29erは電動アシスト自転車には見えないのだが、実はダウンチューブに取り付けられたウォーターボトル風の装備がバッテリー(33V/9.3Ah)で、出力250W(瞬間最大出力420W)のモーターが前輪のハブに仕込まれており、5段階のアシストレヴェルを選択できる。

1回の充電で走れる距離は約48kmで、最高速度は約28km/h。車重15kg弱。一般的に11kg前後の29インチリム・マウンテンバイクとしてはやや重いかもしれないが、電動アシスト自転車であることを考えれば、ありえないほど軽いといえる。

もっとも値段は高く、4,999ドルもする。お金は節約できそうにない。しかし、少なくとも体力は節約できるだろう。

関連記事フィリップ・スタルクがデザインした電動アシスト自転車

TAG

DesignElectricBikesGadgetWIRED US