ドイツ機墜落 副操縦士は機体を減速させようとしていたと発表

ざっくり言うと

  • 独旅客機の墜落事故は、副操縦士が故意に墜落させたとみられている
  • 副機長が墜落までの最後の数分間に少なくとも2度、機体を減速させたと判明
  • 2日に見つかった飛行記録装置から、故意だったかどうかが確定できるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング