松坂桃李がSEX依存症の役に共感「彼にとっては精神安定剤」

ざっくり言うと

  • 松坂桃李が映画「エイプリルフールズ」で、SEX依存症のチャラ男を演じる
  • 「彼にとってはある種の精神安定剤だから仕方ない」と共感できたという
  • 「そういう意味では、役から新しい考え方を教わりましたね」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング