『北朝鮮・絶対秘密文書 体制を脅かす「悪党」たち』(新潮新書)

写真拡大

 北朝鮮といえば、国外からの情報を遮断された独裁国家であり、経済活動も厳しく制限された社会主義国家であると認識している人が多いだろう。たしかに、体制的にはそれで間違いないのだが、その内部は崩壊に向かっているという。

 毎日新聞社・外信部記者で北京特派員時代に中朝国境地帯から北朝鮮をウォッチしていた米村耕一氏の著書『北朝鮮・絶対秘密文書 体制を脅かす「悪党」たち』(新潮新書)では、知られざる北朝鮮内部の真実が記されている。

 米村氏は、北朝鮮の検察機関が捜査記録などをまとめた文書(以下、検察文書)を入手。そこには、社会主義国家としてはあり得ないような、北朝鮮国内での犯罪の数々が記録されており、同書でそれらが紹介されている。

 社会主義国である北朝鮮では、土地や農具、工場やその設備など、生産手段となるものを私有することは認められていない。農作物も生産物も国家に回収されたうえで、国民に配分される。しかし実際には、個人で農地や工場を所有し、作物や生産した生活必需品をこっそり売る国民は多く、擬似的な市場経済が形成されているというのだ。

 そんな"ヤミ経済"に身を置く犯罪者の例として、同書では「鉱石を細かく砕いて比重の違いを利用して鉱石から有用な金属を取り出す機械」である「磨鉱機」を所有していた「孔」という名の元農場員が紹介されている。

 本来、北朝鮮では職業選択の自由はなく、政府によって配置された職業から、転職することはできない。しかし、もともと農場員だった孔は、自身が住む開豊(ケプン)郡が開豊市に編入され「開豊洞」になるどさくさに紛れて軍の所属になっている。軍を後ろ盾にして、違法に入手した「磨鉱機」で商売をしていたのだ。

 もちろん、軍への移籍はただの農場員がひとりでできることではない。実は、開豊郡人民委員会の前委員長がその手続を行っていたという。

「群の人民委員会委員長とは、日本で言えば町長のようなポストだが、前委員長が現職の郡人民委員会労働部長に指示して、労働省と農業省の承認なしに農場から軍部隊に移籍できるように『仮派遣状』を出させていたのだ」(『北朝鮮・絶対秘密文書』より、以下同じ)

 つまり、体制側の人間もグルだったということだ。この前委員長が賄賂をもらっていたのか、あるいは孔の売り上げの何パーセントかを受け取っていたかは不明だが、何らかの金銭の授与があったことは想像に難くない。

 そもそも北朝鮮の国民たちが、社会主義体制に逆らって、こっそり「ヤミ経済」に身を投じる背景には、深刻な経済難がある。1990年前後のソ連・東欧の社会主義圏崩壊の煽りを受け、経済的に大きな打撃を受けた北朝鮮は、数百万人もの餓死者を出すほど、食糧難にあえぐこととなる。こんな状況下で、北朝鮮の国民がどうにか生きていく道を探っていった結果が、ヤミ経済だったというわけだ。

 北朝鮮のヤミ経済では、放射性物質までもが取引されている。検察文書では、北朝鮮北東部の清津(チョンジン)市で、放射性物質の硝酸ナトリウムが軍需工場から大量に持ち出され、その一部が中国に密輸出されていた事件が記録されている。しかも、取引を行っていたのは、「職場離脱者」と呼ばれる定職を持たない者たちだった。

「これは、厳しい『統制社会』であるはずの北朝鮮で、当局が動向を捕捉できない、あるいは捕捉が難しいグループが各地に次々と誕生しており、既成の秩序を揺さぶっていることを示す好例だと言えるだろう」

 北朝鮮国内に犯罪グループが誕生し、統制社会は危機的状況を迎えているというわけだ。

 ヤミ経済の存在感が大きくなっていく北朝鮮だが、さらに深刻な事態に晒されている。それは国内における覚醒剤の蔓延だ。『北朝鮮・絶対秘密文書』では、平壌市内に住む貿易商だという40歳前後の男性のこんな発言が紹介されている。

「もともと我が国の覚醒剤は輸出用。とくに日本向けに作っていたんですよ」
「南浦の方には、日本方面に向かう麻薬船専用の船着き場もあったと聞いています。それが2000年前後に日本側の海上での取り締まりが厳しくなって壊滅的な打撃を受けました。それ以来、覚醒剤が国内に大量に出回るようになりました。それで、あわてて覚醒剤など薬物を取り締まる仕組みを、その時期になって作ったのです」

 しかし、国内の覚醒剤汚染は止められない。もともと国家管理の覚醒剤工場で働いていた者たちは、覚醒剤の製法を覚えて、いつしか独自に作って流通させるようになっていったという。

「生活条件が厳しく、体力、気力とも十分でない日常の中で、『リアカーを引くときに吸うと力が出る』などとその『効能』が評判になり、今では中学生くらいの子供でも吸うほどで、体に悪いという認識を持つ人などほとんどいない状況だそうだ」

 ちなみに、北朝鮮の刑法に麻薬に関する条文が初めて入ったのは2004年のことだという。それまでは覚醒剤の管理が上手くいっていたということでもあるが、北朝鮮での麻薬に対する認識が低いのも当然なのかもしれない。

 まるで社会主義国家とは思えない状況となっている北朝鮮なのだが、ついには世界遺産の盗難事件まで発生している。

 事件があったのは、2013年にユネスコの世界文化遺産に登録された「開城歴史遺跡地区」の一部である「明陵(ミョンルン)郡」。世界遺産登録前の2007年5月のことだ。検察文書にはこう記されていた。

「明陵洞地区の国家保存遺跡第549号として登録された高麗第29代忠穆王の王陵から、虎の石像3点が消えた。(中略)重さが百数十キロにも及ぶ彫刻が一晩の間になくなったところをみると、一人や二人の犯行とは考えられず、さらに運送機材を利用した可能性が高いのは間違いなかった」

 この事件に関与していたのは、農場作業員と無職者と主婦の3人と、中朝国境の街・新義州からきた商売人の4人。また、軍部隊ナンバーをつけた車も目撃されており、ほぼ確実に軍関係者が関与していたという。

 ちなみに、この石像は中国で骨董品として売りさばく予定だったというが、ある軍部隊基地の庭に埋めて隠していたところを捜査チームに発見され、回収されている。

 放射性物質から文化遺産まで、様々なものが換金目的で盗み出されてしまう北朝鮮。そのうえ覚醒剤が蔓延しているというのだから、少なくとも朝鮮労働党の統制が行き届いているとは思えない状況だ。国民は政府に洗脳され、金正恩総書記の意思のもとに動いている──そんな北朝鮮のイメージはもしかすると、大きな間違いなのかもしれない。
(田中ヒロナ)