ベストブライダル<2418>が21日に発表した04年12月期連結決算によると、営業利益が前期比82.1%増の20億円だった。ゲストハウス・ウェディングが好調で、03年に開業した大阪と仙台の新事業所の本格稼動などが収益増に貢献した。

 売上高は同29.2%増の145億円。経常利益は同87.9%増の18億円、純利益は同73.0%増の8億円だった。

 また、05年12月期連結決算では、新規事業所の開業費用が見込まれるものの業績は順調に推移する見込みで、売上高が11.1%増の162億円、経常利益が8.1%増の20億円、純利益が15.2%増の9億円となる見通し。【了】