アルコールハラスメントになっていませんか?

写真拡大

 花見に新入生歓迎会、バーベキュー......。酒宴に飛び交う「イッキ! イッキ!」コール。そこに酒を飲まないという選択肢はない。その結果、急性アルコール中毒で、東京都だけでも毎年1人以上が病院に救急搬送されている。そして恐ろしいことに、毎年のように数人が死んでいる。

「本人が飲んだんだから、死んでも本人の責任」

 そんな甘い考えでいると、恐ろしいことになる。酒を強要する「アルコールハラスメント」は犯罪だ。2008年、大学の部活動の合宿中に死亡した学生の親が大学と当時の部員20人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、裁判所は「心理的に飲まざるをえない圧力をかけた飲酒の強要であり、アルコールハラスメントにあたる」と認定した。「イッキ!」コールで殺人者とならないために、酒に強い人でもなる急性アルコール中毒の怖さ、「伝統」や「空気」という心理的圧力の危険、万が一の場合の正しい救護方法などを知っておきたい。

酒が強くても、一気飲みで急性アルコール中毒に

 急性アルコール中毒とは、短時間に大量のアルコールを摂取することで生じる中毒症状のこと。ふつうの飲み方の場合、最初は陽気になったり、少し行動がとろくなったりする程度の微酔期(びすいき)から始まり、千鳥足の酩酊期(めいていき)を経て、錯乱したり、記憶を失ったり、立ち上がれないなどの泥酔期(でいすいき)、意識喪失して昏睡の果てに死に至ることもある昏睡期(こんめいき)へと至る。そのため、当人も周囲もあるていど酔いの状態を把握できるため、命の危険がある状態にはなかなか陥らない。

 しかし、一気飲みなどでは、微酔期や酩酊期を飛ばして、一気に泥酔期や昏睡期に達してしまう。アルコールは脳を麻痺させていく。昏睡期では麻痺が脳全体に及び、呼吸を司る延髄も麻痺して、呼吸ができなくなり、大小便はたれ流し、呼吸はゆっくりと深くなり、死に至る。また吐いた物が喉に詰まって、窒息死することも多い。

 微酔期はエタノールの血中濃度が0.1%未満、酩酊期が0.2%未満、泥酔期は0.3%未満、0.3%を超えると昏睡期。血中エタノール濃度が0.4%を超えると1~2時間で約半数が死亡する。たとえ死ななくても、ここに至ると、脳細胞の一部が破壊されてしまう。ポイントはアルコールに含まれるエタノールの血中濃度が脳の麻痺を決めるのであり、酒に強いか弱いかは関係ないということ。「酒に強い」とはエタノールが分解された後にできたアセトアルデヒドの分解能力の有無に関する話であり、エタノールの分解能力とは関係ないからだ。酒に強くても、一気飲みで急性アルコール中毒になる。

 酒に強く、二日酔いにもならない人でも、いや、そういう人ほど、飲んだ時の記憶をなくす経験をするのは、頭痛や吐き気などを起こさせるアセトアルデヒドの分解能力が高くて、気持ちよく飲めるために、エタノールの血中濃度が高くなる泥酔期に至るほどの量を飲んでしまうからだ。

「伝統」で続くアルコールハラスメント

 アルコール・ハラスメントは飲酒にまつわる人権侵害で、からんだり悪ふざけしたりといった、酔ったうえでの迷惑行為も含まれるが、急性アルコール中毒につながるのは飲酒の強要、イッキ飲ませ、意図的な酔いつぶしなどだ。イッキ飲ませで子どもを失った親が中心になって設立した市民団体「イッキ飲み防止連絡協議会」によれば、アルハラの動機の1位は「伝統・しきたりにのっとって」、2位「場をもりあげるため」、3位「連帯感を深めるため」。
 ちなみに「イッキ! イッキ!」は1985年の流行語大賞になっており、1980年代から30年余りの悪しき伝統。日本には「飲みニケーション」という、酒席で付き合いを深めるという習慣があった。家族との時間を犠牲にする、飲めない人がいたたまれない......などから、次第に薄れつつあるが、いまだに「大人の男は飲まなければコミュニケーションを取れない」と考えている人たちも少なくない。

 しかし、この「飲むのが当然。飲まない奴は空気が読めない、場を白けさせる奴」という考えが危ない。これが飲むことを断れない空気を作り、悲劇を招く。「一気飲みして、つぶれるまで飲むのが部の伝統。」などと、飲みつぶれることを前提に後輩に飲ませれば傷害罪。相手が死ねば傷害致死罪。その場にいて「イッキ」コールに参加すれば傷害現場助成罪。酔っぱらった者を適切に介護、救急車を呼ぶなどせずに、死なせてしまったら保護責任者遺棄致死罪。

「飲めないなら、本人が断ればいい。鼻をつまんで口に注ぎ込むわけじゃない。本人が飲んでいるんだから」

 飲み始めてから酔いを感じるまでは30分ていどかかる。つまり泥酔状態に陥るほど大量のアルコールを摂取した危険な状態でも「まだ飲める」と思ってしまう。そもそも「酔う」とは脳が麻痺した状態。つまり冷静な判断ができない。少し飲んで酔って頭が働かなくなっているところに、大量に飲んで、飲んだ分の酔いが回ってない段階で、さらに「飲める」と思って飲んでしまうから、脳が麻痺する危険な昏睡状態に陥る。

 昏睡状態まで行かなくても、酔いが進んだ状態で吐くことが危険。急性アルコール中毒による死亡の多くは、吐しゃ物による窒息死だ。足元がふらついて転倒しただけでも、死を招く危険がある。高いところから落ちたりしなくても、ただ立った姿勢から受け身せずに倒れただけでも、脳挫傷を起こす。

 さらに、最近、海外では死亡者続出のネックノミネート(Neknominate)と呼ばれる危険なネット投稿型一気飲みも起こっている。大量に一気飲みした自分の動画を投稿して、次の挑戦者を指名するゲームだ。これにより多くの死亡者が出ている。

急性アルコール中毒で死なせないためにすべきこと

 一気飲みは常に危険を伴う。おもしろい遊びなどと考えてはいけない。「イッキ」コールは殺人行為と心得たほうがいい。吐かせればアルコール濃度が薄まるなどと思っている人がいて、吐かせては飲ませるという危険な行為をする。しかし胃腸にある分を吐かせても、既に体に吸収された分は出せない。それ以上に、無理やり吐かせると、誤嚥(ごえん。飲食物などが肺などに入ってしまうこと)や窒息などを起こすので、非常に危険な行為。吐かせるときは横向きで、本人が自然に吐くのに任せるべきだ。

 酔っぱらった人からは目を離してはいけない。従って、酔いつぶれた人をどこかの部屋にまとめて置いて、見張りを一人つけるなどというのではダメ。その一人が眠ってしまったり、トイレに行ったりしている間に何が起こるかわからない。たまに見回るていどでは絶対にダメ。その間に死んでしまう。「頭を冷やす」などと外に出て、外で眠って凍死したり、池に落ちたり......といった危険もある。

 酔いつぶれた場合には、仰向けに寝かせてはいけない。吐いて喉に詰まらせる危険が高い。横向きに寝かせること。そして、そばに付き添い、よく観察することが必要。「息苦しそう」「全身が冷たい」「大きないびきをかく」「ゆさぶっても、反応しない」などの危険信号が見えたら、ためらわずにすぐ救急車を呼ぶべきだ。いつ危険な状態に陥るかわからないので、目を覚ますまで、必ず二人以上で付き添って見守らなければならない。

 こういった適切な処置をせずに死なせた場合、保護責任者遺棄致死罪で訴えられる。ここまで知ると、「イッキ飲み」「つぶれるまで飲ます」なんて面倒なことをしたくないと思うのでは?
(文=編集部)