兵器隊長・ハンジ役の石原さとみさん(画像は映画『進撃の巨人』公式サイトより)

写真拡大

8月1日(土)より前後編の2部作として公開される実写版映画『進撃の巨人』との連動企画として、オリジナル実写ドラマの制作が発表された。

【石原さとみ超凛々しい! 『進撃の巨人』映画と連動して実写ドラマ化の画像・動画をすべて見る】

定額制動画配信サービス「dビデオ(4月22日より「dTV」に名称変更)」にて、8月の映画公開に合わせて独占配信される。映画では描き切れなかったエピソードを中心に登場人物たちにフォーカスを当て、彼らの日常や秘密が描かれる。

TVアニメ化に映画化、そして実写化へ





『進撃の巨人』は、現在『別冊少年マガジン』にて連載中の諫山創さんによる作品。突如出現した巨人によって支配された世界の中で戦い続ける人間たちを描いた大ヒット漫画だ。

2013年4月よりTVアニメが放送開始され、爆発的なヒットを記録した。2014年にはTVアニメ版の総集編となる『劇場版 進撃の巨人』の全国ロードショーを敢行。2015年6月にはその後編「自由の翼」の、そして8月からは実写版映画の上映を控えている。

今回発表された企画では、実写版映画で兵器隊長・ハンジを演じる石原さとみさんをはじめ、原作にも登場するサシャ役の桜庭ななみさんなど、実写版映画と同じキャストやスタッフが集結する。

「立体起動装置」などの対巨人用の兵器開発に隠された秘話やハンジが行う「巨人研究」など、「進撃の巨人」の世界を語る上で重要なエピソードが盛り込まれる。実写映画版とともに要チェックだ。