俳優パク・ビョンソンさん、心臓発作で突然死…享年46歳「キツネちゃん、何しているの?」などに出演

写真拡大

ドラマ「武人時代」などに出演した俳優パク・ビョンソンさんが突然の心臓発作で31日に死亡したことが分かった。享年46歳。

2日、京畿道(キョンギド)金浦(キンポ)にあるニュー高麗病院の葬儀場によると、パク・ビョンソンさんは先月31日に死去した。個人の出棺式はこの日の午前、遺族と知人が参加した中で行われた。

パク・ビョンソンさんは高麗大学ドイツ語学部ドイツ文学科を卒業し、1995年にSBS公開採用第5期としてデビューした。「武人時代」「キツネちゃん、何しているの?」などに出演した。