写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ゼブラは卒業を間近に控えた小学生たちに、キレイなペン字を書けるよう特別教室を開講した。舞台となったのは東京・世田谷区の小学校で、3時限分を開講。のべ150人近くが受講した。講座に使われたのは同社の水性ボールペン「サラサ」で、こうした試みは今回が初だとしている。

○キレイな文字が書けるよう専用ノートを用意 

ペン字の講師として迎えられたのは、書道家の桟敷東煌(さじきとうこう)先生。まず桟敷先生は、ホワイトボードに自分の名前を書いて自己紹介を始めた。すると、生徒たちの間からは、その文字の美しさにざわめきがあがった。さらに、桟敷先生は今回の講座で使うペンやノートを紹介。なお今回用意されたノートは、漢字の書き取り練習や、バランスのよい右肩上がりの文字が書けるよう工夫されたもので、この取り組みのために用意されたという。

講座の冒頭、桟敷先生は「パソコンやスマホがこれだけ普及しても、手書きをする文化はなくならない」とペン字の大切さを主張。その上で文字をキレイに書くコツを「丁寧に書くこと」「気持ちを込めること」と教えた。その後に「林」という漢字を用いて、具体的な文字の書き方について授業を進めていった。

文字の書き方についての解説が終了すると、いよいよ実際の書き取りに生徒たちが挑戦。用意されたノートに自分の名前や好きな言葉など、思い思いに書き取っていった。そして書き取り時間が終了し、講座が佳境に達したところで、ノートに綴じ込まれた「Thank You Letter」カードの作成に取りかかる。これは、お世話になった相手に日頃の感謝の気持ちを綴って贈れるカードになっており、桟敷先生は「卒業の感謝を込めて担任の先生にカードを贈りましょう」と提案。生徒たちはその声に応え、Thank You Letterの作成に取りかかった。

Thank You Letterの作成が終了した生徒は、教室前面に用意されたパネルにカードを貼り付けていく。作成開始からすぐに完成させて貼り付ける生徒もいれば、時間ぎりぎりまでジックリと書き込みを行う生徒などさまざまだったが、授業終了時は全員が完成させた。

今回の取り組みに参加した小学校6年を担任する教諭は、「字を丁寧に書くことで自分の気持ちを伝えたりとか、姿勢を正すことで自分の文字に向き合ったりとか、字を書くことで学ぶことがたくさんあると思います。とにかく気持ちをしっかりと表せる子どもたちになってほしいですね」と語った。また「子どもたちがどんなメッセージを書いてくれたのか非常に楽しみです(笑)。これから職員室でジックリと読ませていただきます」と笑顔をみせた。

「手書きをする文化はなくならない」とはまさにそのとおり。手書きの手紙で感謝を伝えられたり、年賀状や暑中見舞いに手書きの一文が添えられたりするとうれしいもの。また、この3月に一斉スタートした就職活動でも、気持ちを込めて書いた履歴書なら、採用担当者にその熱意が伝わりやすいだろう。