新たにヴァイッド・ハリルホジッチ監督を迎えた日本代表が、そのお披露目とでも言うべき2試合を終えた。結果は2連勝(2−0チュニジア、5−1ウズベキスタン)。上々の船出である。

 もちろん、まだまだ課題は多い。それでも、新指揮官がどんなサッカーを志向し、どんな意識を選手に植えつけようとしているのか。そんなことがうかがえた、内容的に見ても興味深い2試合だった。

 新監督決定当初は、ハリルホジッチ監督がボスニア・ヘルツェゴビナ出身(現在の国籍はフランス)であり、同郷のイビツァ・オシム元日本代表監督と結びつけて見る向きもあった。攻守の切り替えを速くし、豊富な運動量を求める"走るサッカー"を志向するという情報も、オシム元監督との相似を想像させたかもしれない。

 しかし、この2試合で日本代表が見せたサッカーは、オシム元監督時代とはまったく異なるものだと言っていい。

「やろうとしているサッカーはまったく違う」

 そう語るのは、MF今野泰幸である。

 ジーコ元監督時代の2005年に初招集された今野は、これまで日本代表で87試合に出場。今回招集された代表メンバーの中では3番目に多い(ウズベキスタン戦終了時点)。ジーコをはじめ、オシム、岡田武史、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ハリルホジッチと、6人の日本代表監督の下でプレイしたことになる。

 経験豊富なボランチは、「やっぱり監督によって、それぞれサッカーのスタイルがあるし、練習をやっていても、オシムさんとはまったくスタイルは違うと思う」とし、こう語る。

「(ハリルホジッチ監督の)一番の要求は、(ボールを)取った瞬間にどれだけ(相手DFラインの)背後を取れるかというか、遠くを見ることができるかということ。一発(のパス)で相手ゴールに一番近いところを突けるのが一番いいんだと思う」

 なるほど、この2試合を見ても、ハリルホジッチ監督が徹底して縦への速さを求めているのは間違いない。あえて言うなら、無謀なほどに、だ。それに対して、オシム元監督は全員が足を止めずに多くのパスコースを作ることで、もっとボールをつなごうとしていた。今野が続ける。

「ワンタッチでどんどん縦に(パスを)出していく。一発で背後を狙えなくても、一度前に当てて落としてワンタッチで裏へ、とか、そういう形を狙っている」

 また、試合に至るまでの準備にも新指揮官には明らかな特徴が見られる。今野はハリルホジッチ監督について、「試合に向けて、ものすごく細部にこだわる。勝つためにやれることは全部するというか、すべて準備オーケーにしたいタイプ」だと、その印象を語る。初陣となったチュニジア戦を前にしても、「チュニジアの(試合の)映像も見せられて、かなり情報は頭の中に叩き込まれた」という。

 ジェフ千葉時代にオシム元監督の下でプレイしたDF水本裕貴も「代表チームとクラブチームの違いはあるが」と前置きしたうえで、「練習でもそうだが、ヴァイッドのほうがもっと細かいと思う」と話すほどだ。

 確かに「細かい」という印象は練習を見ていても伝わってくる。例えば、ウズベキスタン戦の前日練習でのことだ。

 ピッチ上には練習で行なうハーフコートゲーム用に、すでにポールが立てられていたのだが、ハリルホジッチ監督は自ら歩測し、「位置が違う!」と、スタッフを呼んでポールを置き直させるという場面があった。

 FW本田圭佑が「完璧主義者のような人」と評していたが、なるほど納得だ。こうして、ときにピリピリした様子で厳しい言葉を発するあたりは、2002年日韓W杯で日本代表を率いたフィリップ・トルシエ元監督を思い出させる。

 今野と同じくジーコ元監督時代に日本代表デビューし、6人の日本代表監督を知るMF長谷部誠は、新指揮官の一番の印象として「厳しさ」を挙げ、「その厳しさの裏側には、日本代表に対する絶対に強くしたいという思いがある」と言い、こう続けた。

「今までの監督と比べて、物事をはっきり言う。これまでの監督は、自分の発言の(影響の)大きさとか、そういうものを理解して、気を使って柔らかく発言することもあったと思うが、この監督は『オレは自分の選手には本音しか言わない。嘘はつきたくない』と話している。よりストレートに厳しく。でも、その厳しさは愛情のある厳しさなので、選手はしっかり受け止めている」

 長谷部によれば、「(監督は)まだ気を使って、『日本人選手はやさしい』という言い方もするが、その言葉の裏側で、『日本人選手はまだまだ甘い』と言っていると僕には取れる」。ハリルホジッチ監督にしても、まだまだ就任したばかりであり、少し感情を抑えているところもあるのかもしれない。

 それでも長谷部は、「今までの監督よりも間違いなくストレートに、より本音に近いところで話している気はする」と語る。

 良くも悪くも"いい人"で、選手に対して理解がありすぎたザッケローニ元監督などと比べると、ハリルホジッチ監督には"毒"がある。これまでの日本代表監督にはあまり見られなかったタイプであり、あえて言うなら、オシムとトルシエを合わせたようなタイプ、といったところだろうか。

 このひと筋縄ではいきそうもない、少々毒っ気のある新指揮官の下、日本代表はどんな変化を見せるのか。昨夏のW杯、今年1月のアジア杯と、立て続けに壁にぶつかった感のあるチームにとっては、悪くない刺激である。

 これから面白くなりそうだ。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki