【岩本輝雄のプロフェッショナル採点】多彩なパスを操る青山は縦に速いチームで活きる

写真拡大 (全3枚)

 現役時代は平塚や仙台などでプレーし、自慢の左足で日本代表としても活躍した岩本輝雄氏が、元選手ならではの鋭い視点でJリーガーのパフォーマンスや監督の采配をリアルにジャッジ!!
 
 世界のサッカーにも精通し、国内外の戦術を研究する日々を送る“サッカーおたく”岩本氏の眼にはどのように映ったのか――。
 
 第4回は、ハリルホジッチ監督就任2戦目となる日本代表対ウズベキスタン代表を採点してもらった。

【PHOTOギャラリー】日本 5 -1 ウズベキスタン

――◆――◆――
 
■日本代表■
 ――先発出場――
GK
1 川島永嗣 6.5
不安定な時期もあったが、この日は安定していた。失点はしたが、あれは仕方ない。出る場面の判断も誤らなかったし、キックもそこそこ。良い状態に戻ってきているのかな。
 
DF
2 内田篤人 5.5 
大きな見せ場もなく、無難に与えられたポジションをこなした。怪我の影響か、良くもなかったし、悪くもなかったけど、本来のパフォーマンスを考えると……。
 
6 森重真人 6
球際も強いし、ポジショニング、フィードも良かった。落ち着いてプレーしていたと思う。読みが良いから(相手の)縦の動きにはCBとして対応できるのは普通かもしれないけど、横に振られた時も速かったのがポイントだと思う。
 
19 昌子 源 5.5
代表デビューながら安定はしており、カバーリングもフィードも悪くなかった。ただ高さでやられていた印象。CBだけのせいではないが……。今後の伸びしろを考えて、敢えて厳しくつけさせてもらった。
 
24 酒井高徳 6
1対1に非常に強かった。守備に関しては計算ができる選手だと思う。ただ、攻撃に関してはすごく良いプレーっていうのはほとんどなかった。ハリルホジッチ監督は「縦に速く」と指示しているみたいだから、上がる時間やタイミングが今まで以上に難しいのかな。
 
MF
15 今野泰幸 6
潰しも早いし、危機察知能力が高い。セカンドボールを拾うのも上手いから、掃除係として今のチームのボランチに合っていると思う。今日も中盤の危ない場所で相手を潰していたし、安定していた。確かに攻撃面で違いは作り出せないけど、縦への速さを前面に押し出すなら特に問題はないはずだ。
 
28 青山敏弘 7.5 MOM
今日はスーパーミドルで先制点を決めたし、パフォーマンスはすごく良かった。ボールを持った時にショートパスは良いし、ダイレクトで縦につけるのも得意だし、サイドチェンジで相手を振るのも上手いし、一番良いように映った。長短どちらのパスも精度が高く、どのプレーを選択するかの判断も早い。このサッカーに合っていると思う。
 
10 香川真司 6
常に2ボランチの間、相手が嫌なところを狙っていた。彼の動きはこれから上を目指す人たちにとって、トップ下の動きの手本だよね。そしてターンの速さも一級品。キュッと前を向いて、その瞬間には次がイメージされているから、必ずなにかが起きる。調子は戻ってきている。ただ、得点もアシストもなかったのが残念だ。
 
FW
4 本田圭佑5.5
相手を背負ってのボールの受け方はやはり際立っていた。香川の動きを見て、タイミング良く入ってきて縦パスを引き出す。ポジション取りも素晴らしかったし、難しい場面も難なくこなしていた。いつもどおりと言えばいつもどおりだが、決定的な仕事はできなかったし、もっとできるはずとの期待を込めて厳しめにしている。
 
9 岡崎慎司 7 
相変わらず良い動きをしていた。大きな相手にも負けることなくボールが収まるし、最終ラインの裏にも走るし、危ないシーンには顔を出すし、ゴールもさすがだった。守備もサボることなく頑張るし、攻守で相手にとって厄介な選手だ。今はCFがボールをキープできないとサッカーにならないけど、彼はどんな相手でも取られることなくキープできて、しっかり味方に渡せる。日本代表に欠かせない存在というのを再認識させたと思う。
 
8 乾 貴士 6
乾に関しては評価が分かれると思う。良いところまで侵入はするけど、最後の最後で大きな仕事ができなかった。ただ、ファーストタッチが抜群に上手なサイドハーフがあれだけ速く、斜めに、ペナルティエリアへ入ってくるのは、相手は絶対に嫌なはず。それを彼自身が知っているし、実践できていたと思う。チームの2点目も乾のアタックがあったからこそ。切り込んだ時に最後までやり切ること、つまり、ペナルティエリア内でのスケールの大きさがもう少し加われば絶対に外せない選手になる。期待しているよ。
――交代出場――
DF
3 太田宏介 6
アタックに関しては長距離を走っていたし、アシストの場面もあのランがあってこそ。あれだけ長く走って正確なクロスを送ったというのは価値があることだし、やはり左利きも大きな武器だ。縦に速いサッカーでSBがあそこまで侵入するのは大変だけど、頑張っていたと思う。ただ、守備ではやられるシーンが目についた。ひとりだけの問題ではないから、周囲とのコンビネーションを深める必要がある。本当は5.75にしたいんだけどね。
 
DF
25 水本裕貴 6
初経験のポジションのはずだし、最初はすごく窮屈そうにプレーしていた。広島で青山とプレーしているからコンビネーションは途中から調整できていたけど……。危ない場面もなかったし、守備だけ考えれば良かったと思う。ゲームメイクできる選手ではないので、あそこに水本を置くことで監督の哲学が垣間見えたかな。ボランチは激戦区になるかも。
 
MF
7 柴崎 岳 6.5
鹿島とは違うトップ下、1列前で使われたけど、サッカーセンス抜群だからどこでもきちんとこなしちゃうよね。彼を前に置くことでボールが収まる効果はもとより、守備での貢献を狙ったのかな。パスコースの切り方が上手く、身体の線は細いけど球際も強い。運動量も以前とは比べものにならない。今日は視野の広さを活かしてゴールも生んだし、楽しみは楽しみ。ただ、世界で戦いたいのならば自分で強引に行くことも必要になる。
 
FW
30 宇佐美貴史 7
ボールを持った時に余裕がある。冷静で、慌てることなくプレー選択をしていて、出場時間は短かったけど得意な形に持ち込んで勝負できていた。コンディションは良いんじゃないかな。得点シーンも完璧。スピードもあるから、ハリルホジッチ監督の下で活きると思う。1得点だけだったけど、もっと取ってもおかしくなかった。出続ければ得点を量産する期待はあるね。2戦とも左サイドで出場したけど、人を使うことも人に使われることも上手いし、自分で勝負できるから、本田のポジションで起用される可能性もあるかも。
 
FW
18 大迫勇也 5 
なかなかボールを触る機会もなく、大したインパクトを残せなかった。存在感は皆無だったと言っていい。持ち味を出せず、今日のプレーぶりでは生き残るのは厳しいだろう。
 
FW
20 川又堅碁 6
ゴール前の感覚は素晴らしいものがある。ゴールできそうな場所、危険な場所をきちんと分かっている。短い出場時間ながら結果を残したし、1戦目と合わせて評価しても良いと思う。CFのキープが大切になるから、世界の強豪を背負った時の姿を見てみたい。
 
監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ 7
世界を知っている監督なので、縦に速いサッカーでないと強豪国を相手にした時に得点を生み出せないと肌で分かっているのだろう。だからこそ「縦に速く」を意識させているんだと思う。今回の2連戦は選手起用も良かったし、期待は持てる。強い国との対戦を見てみたいと思えた。監督のサッカーを考えると、ボランチ2枚でいくのなら、ここが激戦区になるはずだ。
 
 
取材・構成:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=岩本氏が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。