性同一性障害の男性が女性化手術後にてんかん発作、再び男性と認識

ざっくり言うと

  • 性同一障害の男性が女性化手術をしてから、てんかん発作を起こした
  • このとき、これまで受けてきた性転換を目指す手術に不安が浮かんだという
  • 自分自身は男性だと認識し始め、再び男性に変わる手術を受けることにした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング