週に100時間、働け!ジョブズを超えた起業家。イーロン・マスクって何者?

写真拡大

イーロン・マスクという人物をご存知だろうか?
1971年に南アフリカ共和国で生まれた起業家。天才と呼ばれたあのスティーブ・ジョブズをも超えると言われている。
一体彼の何が凄いのだろうか・・・。今回は、世界でもっとも注目を集めている起業家、イーロン・マスクをご紹介する。

FANUC Robot Assembly Demo

「ただのコンピューターおたく」が、
大成功を収めるまで

1971年南アフリカ共和国で、地元のエンジニアだった父と、栄養士でありモデルとしても活躍した美貌を持つカナダ人母との間に生まれた。

幼い頃は、科学小説やエジソンの伝記といった、本が好きな内向的な少年だった。コンピューターにも関心が強く、わずか10歳でプログラミングを独学でマスターし、12歳の時に対戦ゲームソフトを製作して、更にそれを数百ドルで販売したという。「ただのギーク(コンピューターおたく)でした」と、本人が語るほど。

17歳で大学入学資格を得たのち、一旦は母の親戚が多くいるカナダの大学へ入学する。その後、アメリカのペンシルバニア大学へ編入。そこで、経済学と物理学の学士号を取得した。

インターネットの波に乗る

OnInnovation Interview: Elon Musk

更にカリフォルニア州の名門、スタンフォード大学院へ進学するが、折りしもインターネットという新たなムーブメントが到来。コンピューターおたくであり、内にビジネスへの野望を秘めていた彼は、この波を逃さなかった。

大学院をわずか2日で退学し、初の起業として、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を設立する。

この会社は、後にコンパック社に3億ドル強で買収され、イーロン・マスクは若くして2200万ドルもの大金を手に入れることとなる。

普通の人間なら、金の魔力によって浮き足立ちそうなものだが、彼は違った。

お金の考え方を
アップデートする

1999年には、オンライン金融サービスを行うX.com社の共同設立者となる。「他人が大切にしている価値観を考え、それを形にしてあげれば人はお金を払う」というイーロン・マスク自身の、お金に対するシンプルな考えに則ったものだった。

X.com社は1年後にコンフィニティ社と合併し、これが2001年にPayPal社となる。

こうして、彼は自身のビジネス哲学を体現すべく起業を重ねていったのだ。

CIMG7597

天才起業家は、
掲げる目標も規格外

イーロン・マスクには二つの明確な目標がある。
一つは、地球環境を守るため持続可能なエネルギーを実現すること。 二つ目は、人類の新しい居住空間を宇宙へ広げることだ。

目標と呼ぶには、あまりにも壮大で夢物語にも聞こえる話だが、彼はあくまでも真剣だ。
持続可能なエネルギーの実現・・・そのひとつの答えが、電気自動車(EV)を製造販売する企業テスラ・モーターズの設立だった。

「ノートパソコンと同じバッテリーを搭載し、フェラーリより早く、ポルシェより安い高級スポーツカー」というコンセプトは、世の中の注目を集める。

2010年にはトヨタ自動車と、2011年にはパナソニックと業務提携し、技術の発展に向け更に躍進を続けている。

宇宙へ広げていくことの目的に関しては、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、CEO、CTOに就任している。

Tesla Motors Annual Shareholders Meeting

毎週100時間働け!
イーロン・マスクの名言5選

自他ともに認めるワーカホリックだというイーロン・マスク。類まれなる発想と実行力は、常人とはかけ離れているようにも感じる。そんな彼の言葉には成功のヒントが隠されているかもしれない。彼の名言を最後に贈る。

リーダーや経営者にとって必要なものとは何でしょうか。私は、明るい未来を信じられる仕事を、創ることだと思います。 耳に痛い意見を聞くことは大事です。特に友人がそのようなことを言ったら、耳を傾けるべきです。「他人にとって、自分が高い価値を出せる」という自信がある分野に、自分の力を集中することが重要です。起業家は粘り強く、毎週80〜100時間、地獄のように働くべきです。これは成功確率を上げるために必要なことです。他人が大切にしている価値観を形にしてあげることで、ビジネスは成立する。

Top photo by Maurizio Pesce on Flickr
Reference:GOETHE,wikipedia,NAVERまとめ