写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで2日、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」(〜6月23日)が開幕。今年初開催の東京ディズニーシーでは、ジェラトーニのオブジェが初登場した。

美しい花々やイースターエッグにより飾られた港で、春のおしゃれなイースターボンネット(飾り付き帽子)をかぶって楽しむ東京ディズニーシーの「ディズニー・イースター」。メディテレーニアンハーバーとアメリカンウォーターフロントを中心に、アコースティックにデザインされたイースターエッグや、カラフルな花などで彩られたデコレーションが登場した。

また、ケープコッドエリアは、田舎の港町で開催される手作り感あふれるデコレーションが飾られ、ジェラトーニが描いたイースターエッグや、ダッフィーがジェラトーニに習って描いたイースターエッグを展示。小さな花々でできた初のジェラトーニのオブジェも出現し、記念撮影スポットとして人気を集めている。

メディテレーニアンハーバーでは、4人のアーティストによるファッションをテーマにしたショー「ファッショナブル・イースター」が開催され、ミッキーやミニー、チップ、デール、ドナルド、ダッフィーたちが個性あふれるファッションを披露。今回初導入された陸上ステージも使用し、水上と陸上全体で盛大にショーを繰り広げる。