「Very Man」のスクリーンショット画像

写真拡大

「技術の無駄遣い(または"才能の無駄遣い")」。

【謎のおっさんGIF画像生成サイト「Very Man」が本当にやばいの画像・動画をすべて見る】

非常に高い技術を持っていながら、実用的でない無駄なもの、まったくもって社会が求めていないものを生み出してしまう人。

そういった人が現れては無用の長物を生み出す度に、人々は(特にインターネットでは)「技術の無駄遣い」もしくは「才能の無駄遣い」と言って、なかば褒め、なかばその無駄さ加減に呆れ返ってしまう。
人間は決して完璧な動物ではない」ということを物語っているとも言えるし、一方でそういったものが生み出されるのはそれだけ社会や文化が成熟し豊かだからだ、とも言える。どちらにしろ、無駄であることには変わりない。

今回紹介するWebサイト「Very Man」もそのひとつだ。簡単に説明すると、「画面に表示されたおっさんを着せ替えたり動きを加えたり体そのものを形を変えたりして自分だけの"オリジナルのおっさん"を生成、動くGIF画像にしてみんなで共有しよう!」というもの。

なぜこんなサイトをつくったのだろう……考えてもきっと永遠に答えは出ないので、実際に自分だけのおっさんをつくってみるしかない。

おっさんをつくってみた


まずはサイトにアクセスしよう。

「Very Man」のスクリーンショット画像

「Very Man」のスクリーンショット画像



彼が今回の主人公・おっさんだ。サイト上では微妙にゆらゆら揺れているのでとても気持ち悪い。それにしてもなぜ乳首のところだけ衣装が切り取られているのだろうか……。

右に表示されたメニューで彼の動き持ち物背景などを変更することができる。たとえば「Movements(動き)」の「Preets」という部分を「0」から「1」に設定すると…


実際に作成してみた「Very Man」GIF画像



ゆらゆらに加えてカクカクビヨーンといった動きを見せ、さらに気持ち悪くなる。

他にもおっさんそのものの形状を変えることもできる。


実際に作成してみた「Very Man」GIF画像



強烈だ…。他にも、髪の毛やタバコ、植物、カラオケセット、「奇数ボール」という謎の小道具を加えたり、背景を変えることで、さらに味が出る。

re4ebbd3f3125e9447ef0fed3981ea6062

「Very Man」のスクリーンショット画像



完成したおっさんはGIF画像として出力でき、勝手に全世界に公開される。TwitterやFacebook、TumblrなどのSNSで共有することも可能。さらにここでは、世界中で生成された「オリジナルおっさん」を見て楽しむこともできる。

オリジナルおっさん作例




「Very Man」作例



この顔、もう少しどうにかならなかったのだろうか。


「Very Man」作例



酔っ払っているおっさん。それにしても、ケツがでかい。


「Very Man」作例



これに関してはもはや人間の形を成していない


「Very Man」作例



ここまでくるともう、なんかかっこいい。メディアアート作品です、って言われてもおかしくないレベル。

無駄などではなかった


私は最初、これを「世の中にとって限りなく無駄なもの」だと決めつけていた。しかし実際に自らの手でおっさんをつくってみると、実はとんでもなく実用的なWebサイトなのではないか、ということに気づいてしまったのだ。

「Very Man」は、理想の自分の姿形やスタイルをインターネット上で生成し公開することで、実生活では実現し得ない新たな自分を生み出すことが可能な画期的なサイトである。動きや形について細かな設定ができるのは、つまり、ユーザーの外見に対する理想を正確に叶えるためにあらかじめ設計されているのだ。

現時点ではまだ面白おかしいコミカルなおっさんたちしか存在しないが、今後ユーザーが「理想の自分」をつくり出すといった実用的な使い方をすることで、「Very Man」は限りない可能性を持つWebサイトとなる。

もちろん誰でも利用可能なので、ぜひあなただけのおっさんをつくってもうひとりの「自分像」を生成してみてはいかがだろうか。

最後に、私も理想の自分を生成してみたのでそれをご覧いただきたい。


「Very Man」で生成した理想の自分