小惑星の岩石、月の軌道への運搬ミッション

写真拡大

無人宇宙船が小惑星から4mほどの岩石を採取して月の軌道まで持ち帰り、そこへ宇宙飛行士を送ってサンプルを採取するという計画をNASAが発表した。

米航空宇宙局(NASA)が、無人宇宙船を小惑星に送り、表面の岩石をロボットアームでつかみ、それを月の軌道まで持ち帰る。そこに勇敢な宇宙飛行士たちが向かい、宇宙の岩石を間近に調べ、サンプルを地球へ持ち帰る。

「小惑星の岩石、月の軌道への運搬ミッション」の写真・リンク付きの記事はこちら

これは、NASAが3月25日(米国時間)に詳細を発表した「Asteroid Redirect Mission」(小惑星再配置ミッション)の内容だ。

このミッションでは、もともとは小惑星全体を運搬する計画(宇宙船がフレキシブルな巨大コンテナに小惑星を収容するというもの)が提案されていたが、今回、表面の岩石を運搬させるという計画に変更された。

最大12億5,000万ドルの予算が投じられるこのミッションは、2020年12月に無人宇宙船を打ち上げ予定。およそ2年をかけて目的の小惑星(最有力候補は直径約400mの「2008 EV5」)に到達する。

無人宇宙船は、この小惑星に最大400日間とどまり、適当な岩石を探す。直径4mほどの適当な岩石が見つかったら、それを月の軌道まで運ぶ。

そして2025年には、月の軌道まで岩石を運んできた無人宇宙船を有人宇宙船とドッキングさせ、宇宙飛行士が岩石を調査する計画だ。なお、この有人宇宙船とは、NASAが現在開発中で、2014年11月に試験飛行が行われた「オリオン(日本語版記事)」のことだ。

このミッションはNASAにとって、火星へのミッション実現に必要とされる精密な航行・制御技術を練習するチャンスとなる。また、月の軌道に入り、別の宇宙船とドッキングすることも今後の役に立つ。月の軌道上には将来、居住空間が置かれ、宇宙飛行士のランデヴーポイントとして、積み荷の回収や、火星へ行く途中の立ち寄り場所となるかもしれないからだ。

さらにこの計画は、小惑星の地球への衝突を防止する技術を試すチャンスでもある。岩石を捕捉した後、この変化が小惑星の軌道をわずかに変更させると見られ、その影響をNASAが地上から測定するという(文末の動画)。

また、この無人宇宙船では、「Solar Electric Propulsion」(SEP)システムもテストする。SEPは、ソーラーパネルから得た電力を使い、荷電粒子を噴射することで推進力を得るものだ。速度は従来のロケットに劣るが、効率ははるかに優れており、長距離航行に適しているという(以下の動画)。

TAG

AsteroidNASASpaceSpace ExplorationVideoWIRED US