白澤卓二教授

写真拡大

疲労回復に効果がある食べ物といえば、ビタミンが多く含まれたニンニクやウナギ、レモンやオレンジなどクエン酸を多く含んだものが知られている。それらに加えて今、世界中で注目を集めているのが、ココナッツウォーターだ。

新陳代謝を促進し、むくみの解消やデトックス効果も

疲労回復効果が話題のココナッツウォーターについて詳しい順天堂大学大学院医学研究科、加齢制御医学講座の白澤卓二教授は、

「ココナッツウォーターにはマグネシウムやカリウムなどの体に必要な電解質が豊富に含まれているため、その補給に理想的で、運動時の筋肉のけいれんを和らげる作用や疲労回復効果があります。また、新陳代謝を促進し、むくみの解消やデトックス効果があることも人気の理由の一つとなっています」

という。

また、同教授によると、ココナッツウォーターに多く含まれるラウリン酸は、体内でケトン体と呼ばれる抗酸化物質へと変化し、アンチエイジング効果をもたらしていることが分かり、ココナッツオイルやココナッツウォーターに対する注目がさらに高まっているという。

総合マーケティング支援を行うネオマーケティング(東京都渋谷区)は、2015年3月19、20日の両日、首都圏在住の20〜60代の働く男女300人を対象に健康意識」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。3月27日に公表された調査結果によると、全体のほぼ7割の人(69.7%)が「最近、疲れやすいと感じることが増えた」と答えている。

調査結果によると、運動時によく飲む飲料1位は「スポーツドリンク」、次いで「ミネラルウォータ」。白澤教授の話からも、疲労時や運動時の水分補給にココナッツウォーターを採り入れてみるのは、疲労回復やアンチエイジングの面からも効果が期待できそうだ。