『雨にゆれる女』 ©『雨にゆれる女』パートナーズ

写真拡大

半野喜弘の初監督映画『雨にゆれる女』が、2016年に公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、エレクトロニックミュージックやオーケストラ作品に加え、ホウ・シャオシェン監督、ジャ・ジャンクー監督らの映画音楽など、国内外で幅広い作品を手掛ける音楽家・半野喜弘が、自身のオリジナル脚本を映画化した作品。「飯田健次」という別名を名乗り、毎朝眼鏡と補聴器で変装してから職場に向かう孤独な男・則夫が、秘密を抱えた女を家に預かったことをきっかけに、次第に彼女に惹かれていき、「健次」でいられなくなっていく、というストーリーだ。

過去に犯した過ちから別人として生活し、他人との関わりを避けて生きる主人公の則夫を演じるのは、映画『るろうに剣心』シリーズの相楽左之助役などで知られる青木崇高。闇を抱え、共に自分自身を語らない則夫と惹かれ合う謎の女役を、出演作『天の茶助』『忘れ雪』などの公開を控える大野いとが演じる。

半野は、映画監督に挑戦した理由について「音楽というのはとても抽象的な芸術です。より人間そのもの、物語を描きたいと思った時、それが映画でした」とコメント。また、青木と大野の起用理由については、「誰も知らない青木崇高、誰も知らない大野いとを描けると思ったからです。青木くんは豪快なようで非常に繊細で緻密な人物。大野さんには蝶が羽化する直前のような危うさと強さを感じます。この映画の中で、きっと未だ見ぬ2人を観てもらえるはずです」と語っている。

なお、同作ではクラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」で4月30日まで製作費の一部を募るプロジェクトを実施中。支援のリターンには、映画完成時の打ち上げへの招待や、半野主催の音楽イベントへの招待、撮影小道具のプレゼントなどが用意されている。

■ 青木崇高のコメント
映画の立ち上げから関わるとその作品への想いが強くなります。主演となれば尚更です。
半野監督は色彩や空間、音などの感覚だけでなく、人物の遍歴、感情、距離などの描写にも緻密で揺るぎないイメージを持っています。僕や大野さんが監督と共にそれぞれの人物見つけ、掴んで、演じることができれば、それは間違いなく傑作になると思います。

■ 大野いとのコメント
脚本を読んだ時、この女性にしか言えない想いの詰まった台詞がありました。どう演じればこの言葉が言えるのだろうか、この言葉を心から言ってみたい、この役を生きてみたいと思いました。それくらい物語に引き込まれました。半野監督や青木さんとご一緒させて頂ける事を心から嬉しく思っています。このような大人の女性の役は初めてですが、私なりに演じていきたいです。

■ 半野喜弘監督のコメント
罪とは何なのか?愛するとは何なのか?という答えなき答えを求めて、人間が匂い立つ、そんな映画にしたいと思います。