メール返信が面倒くさい人のための「短縮入力キーボードアプリ」

写真拡大

「lol」や「thks」などをキーひとつで入力できるAndroid向けキーボードアプリ「Lazyboard」。顔文字のパレットには、海外でスマイリーとして使われるようになった「ツ」まで含まれている。

「メール返信が面倒くさい人のための「短縮入力キーボードアプリ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

文字ベースのコミュニケーション・ツールは現在「カンブリア爆発」のように激増している。

絵文字は主流になって久しいが、家具販売のイケアが公開した絵文字「IKEA Emoticon」(日本語版記事)や「サタデー・ナイト・ライヴ」のピクトグラムなどの流行も見られる。『The New Yorker』誌3月30日号の表紙にも、一種の絵文字が登場している。

こうしたトレンドのひとつとして紹介したいのが、メールへの返答が最初からキーになっているアプリ「Lazyboard」だ。Androidキーボードの拡張機能で、よく使われる言葉がワンタッチで素早く入力できる。たとえそれが「kk」(OK, cool)や「damn」(チクショー!)だけであったとしても、自分が本当に言う必要があることを素早く入力してくれる機能はありがたいものだ。

2device-2015-03-23-222912_framed-11-582x437

「休みの日に自分が入力するテキストが、k(OK)やkk、hmm(ふーん)、lol(Laughing Out Loud、大笑い)ぐらいしかないことに気づいたんだ」と、開発者のプレム・アディティアは言う。「こうした単語が、イヤな会話、イヤな人物との気が進まない会話を丁寧に断るために使われることもある。それなら、『人に素早く返答するのに必要な単語だけのキーボードがあってもいいんじゃないか』と思ったんだ」。

関連記事:キーボードにセンサーを埋め込めばマウスはいらなくなる。マイクロソフト、開発中動画を公開

そうして生まれたのが、「no」「yeah」「oh」「haha」「cool」などの返答があらかじめ揃っているLazyboardだ。顔文字のパレットには、海外でスマイリーとして使われるようになった「」まで含まれている。

「kk」や「cool」は多くの人が使う言葉かもしれないが、Lazyboardはこれからさらに個人仕様になるという。アディティアは現在、ユーザーがカスタマイズして独自のキーをプログラムできる「Lazyboard Pro」の作成に取り組んでいるのだ。

TAG

AndroidAppEmojiKeyboardToolWIRED US