韓国政府の「自画自賛」外交を韓国紙が批判―中国紙

写真拡大

3月31日付の韓国紙・中央日報は、韓国政府の外交姿勢について、「大きな口ばかり叩いて、中身が伴っていない」と批判した。1日付で環球時報が伝えた。

米軍の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備を受け入れるか、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバーになるかで板挟みとなり、結論を出せずにいた政府への批判に対し、韓国外交部の尹炳世長官は30日、「米中双方の『奪い合い』の対象になったことは、幸せなことだ」と発言。国の外交問題を懸念する声を「高難度外交のような多元方程式を単純な方程式とみなすような幼稚な態度」と一蹴し、AIIBへの加入を決めたことは「高難度の外交力を発揮した典型例」とした。

これについて、中央日報は「米中の板挟みになる境遇が『幸せ』なことなら、なぜその地位を利用して北朝鮮の核問題を進展させないのか。それどころか、南北関係や韓日関係も全く進展していない。それなのに、外交業務に問題はなかったと言えるのは本当に不思議だ」と切り捨て、「木を見て森を見ず」が尹外交の最大の弱点だと指摘した。

(編集翻訳 小豆沢紀子)