写真家テリー・オニールの個展が東京・広尾&目黒で開催 - ザ・ビートルズなど作品50点を展示

写真拡大

世界的に著名なロンドン出身の写真家テリー・オニールの写真展「テリー・オニール : 華麗なる50年の軌跡」が、東京・広尾インスタイル・フォトグラフィー・センターと、東京・下目黒のブリッツ・ギャラリーで開催される。期間はそれぞれ、2015年4月23日(木)から5月10日(日)、5月20日(水)から7月11日(土)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

1960年代、音楽、映画、ファッション界の新しいアイコンを見つけては、彼らの写真を撮り続けてきたテリー・オニール。結果として、彼はザ・ビートルズとザ・ローリング・ストーンズを新聞と雑誌のフロントページで紹介した最初の写真家となり、その交友関係にはミック・ジャガー、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、エリック・クラプトンといった大御所が名を連ねることになる。その写真の数々は、激動する60年代をとらえるとともに、その時代の気分をも作り上げたといえるだろう。

アルバム・カバー、映画ポスターをはじめ、ファッション、タイム、ライフ、ヴォーグ、パリ・マッチ、ローリング・ストーンといった雑誌、新聞の仕事をこなしたテリー・オニール。ショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで、50年に渡り007・ジェームス・ボンド映画の写真を撮った唯一のカメラマンでもある。

本展では、約50年にわたる長いキャリアの中から、ブリジッド・バルドー、オードリー・ヘップバーン、フェイ・ダナウェイ、エリザベス・テイラー、ロジャー・ムーア、ケイト・モス、ザ・ビートルズ、ミック・ジャガー、デビッド・ボウイなどを撮影したベスト作品約30点が展示される予定だ。

【開催概要】
テリー・オニール : 華麗なる50年の軌跡(Terry O’Neill: 50 Years in the Frontline of Fame)
■インスタイル・フォトグラフィー・センター
開催期間:2015年4月23日(木)〜5月10日(日)
住所:東京都 港区 南麻布5-2-9 インスタイル南麻布ビルディングB1F
時間:13:00〜18:00
休館日:月曜日
料金:入場無料

■ブリッツ・ギャラリー
開催期間:5月20日(水)〜7月11日(土)
住所:東京都 目黒区 下目黒6-20-29 Blitz-House 
時間:13:00〜18:00
休廊日:日・月曜日
料金:入場無料