写真提供:マイナビニュース

写真拡大

円谷プロダクションは、2015年3月まで神奈川県・川崎市で期間限定営業を行ってきた「怪獣酒場」を、4月15日より「帰ってきた怪獣酒場」として復活オープンすることを発表した。

ウルトラ怪獣が主役の居酒屋「怪獣酒場」は、「永遠の少年たち」のオアシスとして昨年3月にオープン。「怪獣エリア」「宇宙人エリア」など、個性あふれる席種に加え、バルタン星人の「ハサミ」に、同じくハサミを持つカニを乗せ、蟹肉や蟹味噌をふんだんに使ったぜいたくなピラフ『バルタン星人のおもてなし』など趣向を凝らしたメニューで話題を呼び、休日には3時間超えの待ち時間になるなど盛況ぶりを見せていた。

しかし、悲劇は突然やってきた。2月19日、怪獣連合代表 バルタン店長が「ウルトラ戦士たちに気が付かれてしまったうえ、守りの要であった『ジャミラの真実の口』が故障してしまったのだ。このような無防備な状態では、営業を続けることはできない」と声明を発表。もはや地球圏でのこれ以上の営業は不可能と思われていた。

今回の復活についてバルタン店長は、「閉店日まで続く地球人たちの熱い支持。そして『怪獣酒場』の人気に便乗した、いかがわしい類似店舗(?)の登場などから、ワレワレ宇宙人・怪獣連合は、昨晩寝ずに会議をした結果、『川崎・怪獣酒場』を一刻も早く再解放をすべきである、と決定したことをここに告げる」と高らかに宣言。「ただの再解放ではない。メニュー、内装ともに、より洗練された姿を見せようではないか」と再オープンへの意気込みを語っている。

4月15日のリニューアルオープン後は「常設店舗」として営業。予約は4月6日13:00〜を予定。店長は「なお当件、あの悲劇を繰り返さないためにも、くれぐれもウルトラ戦士および地球防衛軍関係者には告げるべからず。(V)o¥o(V)フォッフォッフォッフォッフォ」と注意を呼びかけている。

(C)円谷プロ