東京セブンズ2014を制したフィジー ©JRFU, 2015

写真拡大

桜の開花とともにセブンズ(7人制ラグビー)の季節がやって来た。セブンズと聞いても、イメージがわかない人が多いかもしれないが、「2016年リオデジャネイロオリンピック」、「2020年東京オリンピック」では、男女ともにセブンズが正式競技に採用される。今や日本でも他競技のアスリートがオリンピック出場を目指して続々と転向する注目のスポーツなのである。

【写真】個性的! ラグビー場の“コスプレ”を見る

■スピードとアクロバティックなプレーが魅力

4月4日(土)・5日(日)に開催される「東京セブンズ2015」は、F1のサーキットのように世界各地を転戦する「セブンズワールドシリーズ」9大会のひとつだ。「男子セブンズ」は世界最高峰のメジャー大会で、そのスピーディーでアクロバティックなプレーは世界中のラグビーファンを魅了している。

ラグビーと言うと、静かに観戦するイメージがあるかもしれないが、セブンズは違う。スタジアムには大音量の音楽が流れ、ビールを飲み、歌い、踊り、大いに楽しむのが観戦スタイル。ラグビー初観戦の入り口としても最適なのである。

歴史をひもとけば、セブンズ発祥は100年以上前のスコットランドである。あるクラブが財政難に陥り、起死回生を狙って企画したのがセブンズラグビー大会だった。短時間でたくさんのチームやプレースタイルを楽しみ、観客を動員しようと考えたわけだ。

15人制と同じ広さのグラウンドで7人同士が戦うため、時間は前後半7分ずつ(決勝戦のみ10分ハーフ)。1チームが一日に3試合することが可能だ。スペースが広いので、15人制特有の観客には見えづらい密集戦もなく、常にクリアにボールが動く。ダンスを踏むようなステップワークで相手をかわしたかと思えば、100m10秒台のスピードランナーがあっという間に駆け抜ける胸のすくトライも多い。

■セブンズと言えば、コスプレ

お祭り的な発想で考えられたスポーツである上、スーパープレーが続出するため観客のボルテージは高くなる。観客席には難しい顔をしてうん蓄を傾ける人も少なく、フィールドの真剣勝負と観客席の笑顔や歓声が絶妙にブレンドされるのが、セブンズ特有の雰囲気だ。

試合を終えた選手たちも、グラウンドの脇で子ども達にサインをしたり、一緒に写真に収まったり、15人制であれば、「真面目に試合を見なさい」と叱られそうなことが、セブンズ大会では普通なのである。

「東京セブンズ」でも、さまざまなイベントが用意されているが、セブンズと言えば「コスプレ」。直近の「香港セブンズ」でも、ドラゴンボール、シンプソンズのアニメキャラクター、上半身裸の水球チーム軍団、相撲の着ぐるみペアなど、ありとあらゆるキャラクターがスタジアムに彩りを加えていた。東京セブンズでも「コスチュームコンテスト」が開催される。バックスタンドに陣取ってアピールしていれば、大型スクリーンに映し出され、プレゼントがもらえるかもしれない。

■企画も満載、ラグビーの新たな楽しみを発見

コンテストの選考基準は「東京セブンズ2015を代表するにふさわしい、ユニークでアイディアにあふれた仮装」。ベストMEN、ベストWOMEN、ベストKID’s、ベストGROUP、ベストFAMILYという5カテゴリーの表彰がある。また、ウルトラセブン率いるウルトラ7戦士がやって来て、大会期間中、さまざまな場所に顔を出してくれるようだ。

他にも「ミソガールセブンズ」が7種類の味噌で作った味噌汁を7000杯配布! などなど観客を楽しませる企画が満載。大会当日は、正面駐車場に設置される「セブンズガーデン」で休憩し、大型スクリーンで試合を楽しむこともできる。再入場も可能なので、それぞれの注目試合をチェックし、ランチに出かけて、決勝に帰ってきてもOK。ラグビーの新たな楽しみを見つけてもらいたい。

■首位・南アをフィジー、NZが猛追。日本は……

さて、そろそろフィールドに目を向けよう。「東京セブンズ」に出場するのは世界の強豪16チームだ。全大会に出場するコアチームが「15」、これに、招待チーム「1」(今回は香港)が加わる。大会方式は、初日に行われる4チームずつの総当たり戦(プール戦)の上位2チームが翌日のカップトーナメント、下位2チームがボウルトーナメントに進出するシンプルなもの。各順位によりポイントが与えられ、9大会の総合ポイントで優勝を争う。

昨年の「東京セブンズ」ではフィジーが優勝。シリーズ全体ではニュージーランド(オールブラックス・セブンズ)が3年連続の王者に輝いた。今季は、第6戦の香港大会を終えたところで、南アフリカが首位(110ポイント)、僅差でフィジー(108P)とニュージーランド(107P)が追いかけている。オリンピック出場権をかけた4位以内を巡る争いは、オーストラリア、イングランド、アルゼンチン、アメリカがしのぎを削っている。「東京セブンズ」でも、これらの国同士の対決は熱いものになるだろう。

男子セブンズ日本代表は、昨シーズンの昇格決定戦で優勝してコア15チーム入りを果たし、今季は全大会に参戦中だ。残留を目指して戦ってきたが、6戦を終えたところで、計7Pしかあげられず、15位。14位のポルトガルは22Pで、残り3大会で追いつくためには、プール戦2位以内に入ってカップトーナメントに進出し、10P以上を加算したいところだ(カップトーナメントに進出すれば最低10P獲得)。15位はコアチームから自動降格してしまうだけに、後のない戦いとなる。

■日本の主力、世界のレジェンドが集結

その日本代表では、香港大会からフィジー出身のトゥキリ ロテ ダウラアコ(北海道バーバリアンズ)が加わった。

今シリーズは、2016年の「リオデジャネイロ五輪」の予選を兼ねており、上位4チームに出場権が与えられるため、オリンピック憲章に則った出場資格になっている。ラグビーは国際ルールで代表資格に国籍を問わないため、トゥキリは従来からセブンズ日本代表の中心選手だったのだが、今シーズンのメンバーからは外れていた。

日本国籍を取得したトゥキリが加わったことで、坂井克行キャプテン(豊田自動織機)、ベテランFW桑水流裕策(コカ・コーラ)、日本代表のトライゲッターであるレメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)にかかる負担も軽減されている。「東京セブンズ」では、カップトーナメント進出を目指す日本代表にとってトゥキリの復帰は心強い。

この他、同志社大学の俊足ランナー、松井千士、流通経済大学の合谷和弘、2014-2015シーズンのトップリーグ新人賞・山下楽平(神戸製鋼)ら若くて活きのいい選手も多い。波乱を起こしてくれる可能性も十分だ。

世界に目を向ければセブンズのスター選手が勢揃いしている。セブンズ王国フィジーのオセア・コリニサウ主将は、現在シリーズ得点王。南アフリカでは、セアベロ・シナトラが抜群のスピードでトライを量産し、現在35トライで2位のサヴェナサ・ラワサ(フィジー、29トライ)を引き離している。

イングランドのトライゲッター、ダン・ノートンは、シリーズ合計176トライで歴代5位。ケニアのコリンズ・インジェラは、シリーズの歴代トライ数3位(194トライ)という、もはやレジェンド。どの選手も抜群のスピードとタックラーを巧みにかわすランニングスキルの高さを誇る。アメリカのカーリン・アイルズは、100m10秒13という記録を持つラグビー界最速ランナーだ。

優勝を争う南アフリカ、フィジー、ニュージーランドの選手達は、全員が観客を驚かせる個人技を連発する。見逃すのはあまりにももったいない。4月4日(土)・5日(日)は秩父宮ラグビー場へ。まる2日間、世界最高峰のセブンズを堪能してもらいたい。