これは決して荒唐無稽な未来の話ではない。「NEXT WORLD」を読み解くハンドブック

写真拡大 (全2枚)

WIRED.jpでも取材の深部を紹介してきたNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」(2015年1月から3月にかけ放送)。その番組を深く掘り下げ解説すべく、4月11日、『NEXT WORLD 未来を生きるためのハンドブック』と題して書籍が刊行される。

「これは決して荒唐無稽な未来の話ではない。「NEXT WORLD」を読み解くハンドブック」の写真・リンク付きの記事はこちら

2015年1月から3月にかけて放送されたNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。WIRED.jpでも番組とともに、取材の深部を伝える記事を連載してきた。

Beyond “Next World” 「次なる世界」からの証言

その番組を深く掘り下げ解説すべく、4月11日、『NEXT WORLD 未来を生きるためのハンドブック』と題して刊行される。

本書をつくるにあたり、番組から抽出されたという「キーワード」を、いくつか挙げてみる。ナノマシン脳を若返らせる薬未来の兵士、脳をアンドロイドに移植する、火星探査、テレイグジスタンス…。これらの言葉が目次に並ぶさまは、まさにこれからの未来を読み解く“ハンドブック”と呼ぶにふさわしい。

番組と同様に、登場人物たちはいずれも先端科学の現場に身をおく科学者や実業者たちだ。キーワードの解説だけでなく、番組に登場したデイビッド・シンクレア(米ハーバード大学医学大学院教授・遺伝学)とレイ・カーツワイル(未来学者で人工知能の権威)の談話も再構成のうえまとめられている。彼らの言葉はいずれも、熱にうなされたようなものでは決してない。

刊行に寄せて序文を寄せたミチオ・カクの言葉を紹介する。

どのアイデアも我々の想像を広げ、驚きに満ちているが、確かな科学に基づいている。ジュール・ヴェルヌの作品のように奇想天外でほとんど信じられないものに思えるが、科学法則のもとですべて可能なのだ。いつの日か、「NEXT WORLD」が我々の世界となるだろう。

人工知能の進化はめざましく、2045年には、コンピューターが人間の知性を超える「シンギュラリティ」を迎えるともいわれている。30年後の未来を「もうすぐ」だととるか「まだまだ先」だととるかは人によるのだろう。ただ、その日が到来するまでぼくらはきっと、ムーアの法則よろしくめまぐるしい進化にさらされるのだ(シンギュラリティについては、WIRED.jpで以前掲載した、宇宙物理学者・松田卓也氏のインタヴュー記事に詳しい)。

30年後の未来人たちが本書を読んだとき、きっと彼らは荒唐無稽だとは感じない。2015年を生きるぼくらはこの1冊で、それくらい着実な「いまそこにある未来」を網羅できるはずだ。

『NEXT WORLD 未来を生きるためのハンドブック』〈NHK出版〉

ミチオ・カク(序文)、NHKスペシャル「NEXT WORLD」制作班(編著)
価格:1,800円
発売日:4月11日
※電子版も同日発売予定

TAG

BookNext WorldNHKWIRED JAPAN