写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは4月1日より、事業会社であるソフトバンクモバイルとワイモバイル、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBBが合併し、新生ソフトバンクモバイルが始動した。これを記念してか、ソフトバンク・ロボティクスのロボット「Pepper」が純金製で登場することとなった。

純金製のPepperは、その名も「GOLDEN Pepper」。同日より予約受付を開始し、完全受注生産品として提供する。価格は19.8億円で通常の1万倍と少々値が張るが、完全なる純金(24金)製(稼動部除く)であるため、やむを得ない。

なお、19.8億円は、金小売価格を1gあたり5000円で計算した場合の参考価格で、実際に購入する際の価格は、金相場により変動する。

また、ワイモバイルブランドも同時に新製品「ふてねこフォン NE22KO」を発表。しっぽアンテナを搭載したふわふわネコで、ねこじゃらしが付属する。また、販売開始時の特典として、かつお節モバイルバッテリーがつくキャンペーンも実施する。

重量は、またたび22個分で、おへそマイク&スピーカーやふわっと香るまたたび臭、緊急用爪楊枝として利用できるヒゲなどを搭載している。なお、価格は22万円となる。割賦による月々の支払額やスマホ割引の適用額などは不明。

もちろん、このニュースはエイプリルフール企画の紹介記事です。マイクロソフトといい、動物を利用するのはズルいですね。ちなみに、4社の合併は本当のお話です。

エイプリルフール関連記事

今年もやります! エイプリルフール 2015まとめ - 続々更新!!

マイクロソフト、"かわいいクラウド"を採用した「Bing Cute Cloud」

Office 2016のヘルプ画面に人気キャラクターのアイツが復帰 - 日本MSが予告

バイドゥ、スマホから愛を伝えるメッセージを送信できるツール開発

Uber、ドローンで花粉症専用「Uberマスク」を配達するサービス開始