『人生の約束』より高橋ひかる ©2016「人生の約束」製作委員会

写真拡大

2016年に全国東宝系で公開される竹野内豊の主演映画『人生の約束』の追加キャストが発表された。

【もっと写真を見る】

出演が明らかになったのは、竹野内が演じる会社の拡大にしか興味がないIT関連企業のCEO・中原祐馬のかつての親友で、元共同経営者である塩谷航平が遺した一人娘・渡辺瞳役の高橋ひかる。2001年生まれの高橋は、『第14回国民的美少女コンテスト』グランプリ受賞者で、代々木ゼミナールのCM出演でも注目を集めている。同作で映画初出演を果たす高橋について石橋冠監督は、「会った時、大女優になる予感があった。何よりも、根性があると見た」と太鼓判を押している。

『人生の約束』は、富山・射水の新湊地区で江戸時代から行われている「曳山祭」をテーマにした作品。資金と人手不足から曳山を隣町に譲渡した四十物町を舞台に、主人公の祐馬が、かつての親友・航平の死をきっかけに、町の人々の祭への情熱や塩谷の娘・瞳の「四十物町の曳山を取り返してくれますか?」という言葉を受けて、曳山を取り戻すために奮闘する姿を描く。竹野内に加え、航平の義兄で瞳の叔父・渡辺鉄也役の江口洋介や、松坂桃李、優香、小池栄子、美保純、立川志の輔、室井滋、柄本明、ビートたけし、西田敏行がキャストに名を連ねている。