写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで1日、4月2日〜6月23日に開催される春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」のプレスプレビューが行われ、東京ディズニーランドでは、パレード「ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム」がお披露目された。

東京ディズニーランドの「ディズニー・イースター」は、昨年に続き今年も、ヘンテコな緑や花々、カラフルなイースターエッグがあふれる"ひみつのイースターガーデン"をテーマに開催。エントランスやシンデレラ城前プラザなどに、ディズニーの仲間たちとイースターバニーがエッグハントを楽しんでいるデコレーションが飾られ、ディズニーキャラクターがモチーフになったイースターエッグが各テーマランドに登場した。

「ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム」は、ディズニーの仲間たちがイースターバニーたちと一緒に、ディズニー・イースターを祝う"ヘンテコ楽しい"パレード。今年は、ミッキーとミニーのコスチュームが一新され、一部の音楽も新しくなった。

フロートは全7台。イースターバニーたちが出迎えてくれるイースターガーデンの入り口のフロートから始まり、チップとデールがエッグペイントを楽しむアトリエのフロートや、ミッキーたちがエッグハントを楽しむガーデンのフロート、ミニーやクラリスたちが踊る舞踏会のフロートなどで、イースターを華やかに表現した。

パレードは途中で停止し、ショータイムがスタート。今日の運勢を占う"タマゴ占い"が行われ、「何が出るかな!? うぴょぴょぴょぴょ〜ん!」の合図で、手押しカートのタマゴの中からディズニーキャラクターのイラスト、そして、ダンサーたちが持っている葉っぱの裏から"Happy!""Great!"といった運勢が現れた。ショーでは、「うさぎがピョン!」「バニバニピョン!」などの掛け声に合わせて、ゲストも一緒にうさぎやタマゴのポーズで盛り上がった。

今年の「ディズニー・イースター」は、初めて両パークで開催。初開催の東京ディズニーシーでは、春のおしゃれなイースターボンネット(飾り付き帽子)をかぶって楽しむ「ディズニー・イースター」を開催し、メディテレーニアンハーバーでスペシャルショー「ファッショナブル・イースター」を公演する。同ショーは本日午後にお披露目される。