日本らしさが随所に打ち出されている今大会。公式記者会見では鏡開きが行なわれた(撮影:岩井康博)

写真拡大

<ANAインスピレーション 事前情報◇31日◇ミッションヒルズカントリークラブ(6,769ヤード・パー72)>
 全日本空輸(ANA)をタイトルスポンサーに据えて初の開催となる米国女子メジャー初戦「ANAインスピレーション」。その第1回大会を記念して、トーナメントは鏡開きで本格的に幕を開けた。
 選手の公式記者会見に先立って行われたセレモニー。樽酒のまわりにははっぴを着こんだディフェンディングチャンピオンのレクシィ・トンプソン(米国)を含む関係者が集結した。威勢のいい掛け声とともに鏡開き。モニターには日本の伝統工芸などを紹介するVTRが流れ、舞台のまわりはANAの客室乗務員が固めるなど日本企業らしい演出でセレモニーを盛り上げた。
【関連】宮里藍の最新スイングを連続写真でチェック!
 昨年までクラフトナビスコ選手権として開催されてきた今大会。2014年大会開催時はまだ後任のスポンサーが決定していない中での戦いだった。その後ANAのスポンサードが正式発表。壇上に立ったANAの志岐隆史取締役執行役員は「アメリカに乗り入れて30年が経過しているが、ANAはまだ知名度が低いのが現状。今大会をきっかけにさらにアメリカの方々にANAを知ってもらいたかった」とメジャータイトルのスポンサーに名乗りをあげた経緯を説明した。
 日本企業によるトーナメント。しかし、日本へのアピールよりもANAの目はあくまで世界を見すえている。ANAのアピールに加え、優勝者恒例の18番の池へのダイブ後にまとうローブの素材に愛媛県の名産・今治タオルを使うなど随所にこだわりを見せるなど、あくまで日本のクオリティを世界に発信する場として今大会を考えているようだ。
 それでも、日本人選手たちは今大会をやはり特別な思いで迎えている。宮里藍は「日本の企業さんがスポンサーをしてくれるのはとてもうれしいし、日本人選手が頑張らないとというのはありますね」と意識して本戦を見すえる。ANAと契約を結ぶ上原彩子も「契約していただいている企業さんの試合なので」とホステスプロとしての意識も十分だ。コースの難易度はそのままに、装いも新たにスタートするメジャー初戦。どんなファーストフライトとなるのだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】笠りつ子、シャフト変更が後押しした3年ぶりのV
【Gボイス】女子プロ 2015年最新セッティング激写!一番参考になったのは?