大量5発呼んだハリルホジッチの采配「何かを感じすぐ行動に移す」

写真拡大

 JALチャレンジカップ2015が31日に行われ、日本代表はウズベキスタン代表と対戦。青山敏弘、宇佐美貴史、川又堅碁のA代表初ゴールを含む5得点を挙げた日本が、5−1で勝利を収めた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとって、日本代表での2試合目。1点リードで後半を迎えると、カウンターなどから4ゴールを奪い、快勝を飾った。「ハーフタイムには、選手にオーガナイズとブロックを保つこと、そしてカウンターを狙って2点目3点目を入れようという話をした。戦術の変化を入れ、空中戦で勝負することもした」と明かす指揮官は、采配でも独自色を披露した。

 後半開始から、水本裕貴をボランチで投入。「空中戦に強いと感じた」という起用は、本来はセンターバックの水本を驚かせたというが、「前もって準備してミスすることもあるが、これが戦術。何かを感じてすぐ行動に移す」と語る。

 そして、「後半は、(守備の)ブロックを引けといった。これはわざとで罠だった」ともコメント。「相手に攻めさせて(相手陣内の)スペースを空けた。我々はボールを奪って、素早く攻めろと。それで4点取った」と一気にまくし立てた。

 ウズベキスタン代表を術中に陥れての快勝劇。「今日はスペクタクルでコレクティブだった」と、歴戦の指揮官も満足感を示していた。