昨年度までの園内の桜の様子

写真拡大

阪急阪神第一ホテルグループの有馬ビューホテル「有馬温泉 太閤の湯」(神戸市)の「太閤四季彩園」では、2015年4月1日から12日まで、ライトアップイベント「太閤花灯路」が開催される。

有馬は神戸市街より気温が2度ほど低いため、桜の見頃は市内より少し遅め。「太閤四季彩園」ではソメイヨシノや枝垂れ桜など、敷地内いっぱいに咲く約150本の桜を30基の大型照明でライトアップして見頃を盛り上げる。「ねねハーブの小径」は夜空に浮かぶ星のようなLEDライトで照らされる。昼間の優しい姿とは一味違った夜の幻想的な花々がたっぷりと楽しめる。時間は午後6時から午後11時まで。

ライトアップ期間中は「有馬ビューホテルうらら」「有馬温泉 太閤の湯」の利用客以外にも園内を開放。敷地内の歩行者通り抜けが可能になる。グループで散策できる桜狩りスポットとして、有馬の春の魅力を発信していくという。