2戦目で代表初ゴールの川又「もっとゴールを」

写真拡大

[3.31 JALチャレンジ杯 日本5-1ウズベキスタン 味スタ]

 5得点が決まったゴールショーの締めくくりは、後半38分から登場したFW川又堅碁(名古屋)だった。右CKからDF森重真人がヘディングシュート。GKが弾いたこぼれ球を再び森重が頭でつなぎ、川又がヘディングで押し込んだ。

「ゴールはたまたま入った。別のゴールが入ればもっとチームが楽になったと思う。もうちょっとチャンスもあったので、それを決めていればもっと点差がついていたと思う」

 国際Aマッチ出場2試合目にして初ゴール。得点直後は両手でガッツポーズをつくって喜びをあらわにしたが、試合後のミックスゾーンで口から出てくるのは反省の弁ばかりだ。思い返せばハリルジャパンの初戦だったチュニジア戦。川又はビッグチャンスにヘディングシュートがクロスバーに当たる不運に見舞われている。1点くらいではその悔しさを忘れることができないのだろう。

「今回は手応えをつかむほどの余裕がなかった。細かいところを修正して、もっとゴールを決められるようになりたい」と貪欲に目を光らせた。

(取材・文 矢内由美子)