決勝弾も満足いかず…U-22代表FW久保「もっともっと点が取りたい」

写真拡大

[3.31 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第3戦 U-22日本 1-0 U-22マレーシア]

 チームを救う一撃となった。序盤からU-22マレーシア代表を押し込みながらも、なかなかゴールをこじ開けられないU-22日本代表。しかし、スコアレスのまま前半を折り返そうかという前半41分、FW久保裕也が値千金の先制点を叩き込んだ。

 2日前に行なわれたU-22ベトナム戦では1トップとして出場した久保だったが、この日はトップ下として出場。しかし、ポジションに捉われることなく上下左右に動き、ボールを呼び込んではシンプルなプレーで攻撃にリズムを生み出そうとしていた。

 そして0-0で迎えた前半41分、左サイドのDF安在和樹が上げたクロスボールを、ドンピシャのタイミングでヘディングで合わせて先制点を奪う。「クロスを上げるなと思ったときは、絶対に中に入るようにしていました。いいボールだったので合わせるだけでしたが、決められた良かったです」と自身の手倉森ジャパン初ゴールを喜んだ。

 この1点が決勝点となり、チームはリオ五輪アジア最終予選へと駒を進めることとなった。殊勲の一撃を決めた久保だが、「まだまだ物足りないという方が多いですね。もっともっと点が取りたい」と試合後には多くの反省を口にしている。

 対戦相手のマレーシアがゴール中央に人数を割いたことで、2点目は生まれず。久保は「引いてくるのは予想していましたが、やっぱり2点目を取れなかったのは…」と声を落とすと、「もっと攻撃の部分で皆が絡んでいかないと崩せないかなと思います。自分自身ボールを失う場面もあったし、もっとボールに絡まないといけない。絡めればシュートももっと打てたと思う」と課題を挙げた。

 そして、16年1月に迎えるリオ五輪アジア最終予選に向けて、「周りを使いながら崩せるようになれればいいと思う。他にもいろいろありますが、一人で突破できる力もほしいし、決定力ももっとつけたい」とさらなる成長を遂げて再び手倉森ジャパンに合流し、チームに大きな力をもたらそうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)