ハリルホジッチ、5発に満足「岡崎はわざと柴崎に点を取らせた」

写真拡大

 JALチャレンジカップ2015が31日に行われ、日本代表はウズベキスタン代表と対戦。青山敏弘、宇佐美貴史、川又堅碁のA代表初ゴールを含む5得点を挙げた日本が、5−1で勝利を収めた。

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後、先制点となった青山のミドルシュートについて、「スペクタクルだった。素晴らしいボレーでテクニックはパーフェクト」とコメント。CKのこぼれ球をペナルティーエリア外から右足のダイレクトボレーで突き刺した一発を褒め称えた。

 指揮官はさらに、3点目となった柴崎岳のゴールについても言及。ピッチ中央付近から飛び出してきたGKの頭上を抜いたロングシュートを、「柴崎のゴールもスペクタクルだった」と、再び賛辞を贈った。そして、「皆さん気づいたかと思うが、岡崎がボールについていった」と続ける。

 柴崎のシュートに対して走り込んでいた岡崎は、ゴール直前でクリアしようとした相手DFをブロック。ボールは誰にも触れらえることなく、柴崎のゴールとして記録された。

 指揮官は、ボールに触れることなくゴールを演出した岡崎について、「点を取りそうになったが、わざと柴崎に点を取らせた」とコメント。「これは素晴らしく、珍しい。どこにも存在しない。これが一番スペクタクルかもしれない。チームのために彼はああいう行動をした」と、岡崎の献身性を高く評価していた。