太田が得意のクロスで代表初アシスト「オカちゃんが見えた」

写真拡大

[3.31 JALチャレンジ杯 日本5-1ウズベキスタン 味スタ]

 後半からの出場で一つ結果を残した。DF太田宏介(F東京)は後半開始から左SBに入ると、後半9分、FW乾貴士がドリブルでPA内に切れ込み、DFにつぶされたこぼれ球を左足ダイレクトでクロス。これをファーサイドでフリーになったFW岡崎慎司がダイビングヘッドで押し込んだ。

「その前に1本目のクロスをふかしていたので、あの場面は集中していた。オカちゃん(岡崎)がファーでフリーでいるのが見えたし、あそこは自分の持ち味」。正確なキックで代表初アシストを記録。「得点に絡めたことは素直によかった」と胸をなで下ろした。

 守備面では課題も残った。「FC東京は後ろがステイして我慢するスタイル。FC東京とは真逆」。前から積極的にプレッシングをかけ、最終ラインも高い位置に設定してコンパクトに守るハリルジャパンの守備戦術に戸惑いもあった。

「監督からは(自陣の)深い位置でファウルするなと言われていたし、守備はよくなかった」。そう反省した太田は「相手の10番(MFサルドル・ラシドフ)みたいな選手はJリーグにいないし、対応は難しかった。課題も見えたし、チームでしっかりやっていきたい」と気持ちを切り替え、前を向いた。

(取材・文 西山紘平)