代表デビューのDF昌子源、鹿島との違いに「迷いはありました」

写真拡大

 JALチャレンジカップ2015が31日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦。日本が5−1で勝利し、ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督体制で連勝を飾った。

 同試合でA代表デビューを果たしたDF昌子源は、所属する鹿島アントラーズとの違いにやや戸惑いを感じたという。

「自分の中で迷いはありましたね。でも次は、しっかりアグレッシブな、監督の求める守備をもっと見せられる自信はある。そのためにもまずは鹿島で結果を残さないといけないと思います」

 まずは代表メンバー生き残りに向けて所属クラブでの活躍を誓った昌子は、「ハリルホジッチ監督のサッカーをもっともっと覚えていけたらいいと思います」と語っている。